RSS | ATOM | SEARCH
最新全米チャート

SINGLES

1(1)Rockstar/Post Malone feat 21 Savages

2(2)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

3(3)Bodak Yellow(Money Moves)/Cardi B

4(10)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

5(5)Thunder/Imagine Dragons

6(4)1-800-273-8255/Logic feat Alessia Cara

7(5)Feel It Still/Portugal The Man

8(11)Perfect/Ed Sheeran

9(12)What Lovers Do/Maroon 5 feat SZA

10(9)Mi Gente/J Balvin &Wily William feat Beyonce

 

 

 

ALBUMS

1(-)The Thrill Of It All/Sam Smith

2(-)Red Pill Blues/Maroon 5

3(3)Heartbreak On A Full Moon/Chris Brown

4(-)Texoma Shore/Blake Shelton

5(4)Without Warning/21 Savage,Offset&Metro Boomin

6(1)Live In No Shoes Nation/Kenny Chesney

7(-)Unapologetically/Kelsea Ballerini

8(-)Sweet Southern Sugar/Kid Rock

9(5)Stoney/Post Malone

10(8)Divide/Ed Sheeran

author:沢田太陽, category:全米チャート, 09:11
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

 

実は昨日、ここ数年、大事にしていただいた方が亡くなったんですね。それでまだ虚脱の状態にあって、なかなか現実を受け入れることができず、思い出しては悲しくなる感じなんですけどね。なんとか頑張らないといけないんですが。

 

では、全米チャート、いきましょう。

 

SINGLES

1(1)Rockstar/Post Malone feat 21 Savages

2(7)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

3(2)Bodak Yellow(Money Moves)/Cardi B

4(3)1-800-273-8255/Logic feat Alessia Cara

5(5)Thunder/Imagine Dragons

6(4)Feel It Still/Portugal The Man

7(14)Gucci Gang/Lil Pump

8(6)Sorry Not Sorry/Demi Lovato

9(8)Mi Gente/J Balvin &Wily William feat Beyonce

10(9)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

 

 

こっちもイギリスのチャートに似てますね。ポスト・パローンにカミーラ・カベーロが迫る展開。

 

7位には17歳のラッパー、リル・パンプが入ってきました。しかしまあ、これ、曲は完全にミーゴスですけどね。

 

では、アルバムにいきましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Live In No Shoes Nation/Kenny Chesney

2(-)Meaning Of Life/Kelly Clarkson

3(-)Heartbreak On A Full Moon/Chris Brown

4(-)Without Warning/21 Savage,Offset&Metro Boomin

5(4)Stoney/Post Malone

6(-)I Still Am/Yo Gotti

7(-)4eva Is A Mighty Long Time/Big KRIT

8(7)Divide/Ed Sheeran

9(2)Super Slimy/Future&Young Thug

10(9)Luv Is Rage 2/Lil Uzi Vert

 

 

1位初登場はカントリー男性シンガーのトップになって長いですね。ケニー・チェズニーの新作。

 

2位初登場はケリー・クラークソン。聞いてみましょうか。

 

 

曲はあんまり面白くないんですけど、歌はかなりパンチありますね。まだワイルドに作ろうとしてるだけ、スマートに作りすぎたピンクよりは意欲的かもしれません。

 

 ただ、風貌はこれ・・。だいぶ貫禄ついちゃったな、という感じですね。

 

3位はクリス・ブラウン。ちょっとまだ紹介したい感じまでには戻ってないですね。やっぱ、トラブル関係でどうも聞く気がしません。

 

4位はトラップのオールスターですね。21サヴェージと、その界隈最高のプロデューサーのメトロブーミン、そしてミーゴスのオフセットが組んだユニット作です。

 

6位はミシシッピーのラッパーのヨー・ゴッティ。そして7位も同じくミシシッピーのラッパ_、ビッグ・KRITの新作が入ってきています。聞いてみましょう。

 

 

面白いと思います。ここ最近のどの流れにもハマらない感じが素敵だと思います。彼、自分でトラックも作れるところもいいですね。気に入りました。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 09:20
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

では手短に全米チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Rockstar/Post Malone feat 21 Savages

2(2)Bodak Yellow(Money Moves)/Cardi B

3(3)1-800-273-8255/Logic feat Alessia Cara

4(4)Feel It Still/Portugal The Man

5(5)Thunder/Imagine Dragons

6(8)Sorry Not Sorry/Demi Lovato

7(20)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

8(7)Mi Gente/J Balvin &Wily William feat Beyonce

9(8)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

10(14)Perfect/Ed Sheeran

 

全体変わらないですが、元フィフス・ハーモニーのカミーラ・カベーロ、これいいですね。ラティーノ・ポップ・ブ−ムにうまく乗った曲ですね。それでいてモダンだし。

 

 

 

 

 

ALBUMS

1(-)Flicker/Niall Horan

2(-)Super Slimy/Future&Young Thug

3(1)Beautiful Trauma/Pink

4(4)Stoney/Post Malone

5(-)Losing Sleep/Chris Young

6(2)Mr.Davis/Gucci Mane

7(6)Evolve/Imagine Dragons

8(-)When Was The Last Time/Darius Rucker

9(5)Luv Is Rage 2/Lil Uzi Vert

10(13)Tell Me You Love Me/Demi Lovato

author:沢田太陽, category:全米チャート, 11:49
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

これから映画を1本見に行きますので、手短に行きます。全米チャートです。

 

 

 

SINGLES

1(1)Rockstar/Post Malone feat 21 Savages

2(2)Bodak Yellow(Money Moves)/Cardi B

3(3)1-800-273-8255/Logic feat Alessia Cara

4(5)Feel It Still/Portugal The Man

5(8)Thunder/Imagine Dragons

6(6)Mi Gente/J Balvin &Wily William feat Beyonce

7(9)Sorry Not Sorry/Demi Lovato

8(7)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

9(10)Unforgettable/French Montana feat Swae Lee

10(4)Look What You Made Me Do/Taylor Swift

 

トップ10、入れ替えありません。ポスト・マローン。依然として1位です。

 

ポーチュガル・ザ・マンがここまで上がって、イマジン・ドラゴンズがトップ5入り。大きな意味での世間的には「ロックが2曲トップ10、入ったじゃないか」ということになるのかなあ。そういう実感が全然持てないんだけど。

 

では県外に行きましょう。11位に上昇のこの曲で。

 

 

 

トラップ王、というか、キング・オブ・ミックステープ、グッチ・メインのニュー・シングルが上がってきましたね。フィーチャリングはミーゴス。音はカッコイイんですけど、ただ同じような感じに聞こえてきてるので、そろそろピークは超えちゃうのかな、という気はなんかしてます。ラップのフローにしても

 

 

 

このスヌープ・ドッグの最近のラッパーの流行を斬る動画が話題なんですけど、上の曲、スヌープが批判したのと全く同じフローなんですよね(苦笑)。ここでのスヌープのモノマネが秀逸です(笑)。

 

「80年代や90年代は2人として同じラッパーはいなかった。21世紀になって、100人くらい似だしたんだ」と主張してます。

 

 では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Beautiful Trauma/Pink

2(-)Mr.Davis/Gucci Mane

3(-)Colors/Beck

4(4)Stoney/Post Malone

5(7)Luv Is Rage 2/Lil Uzi Vert

6(10)➗/Ed Sheeran

7(9)Evolve/Imagine Dragons

8(6)The Bigger Artist/A Boogie Wit Da Hoodie

9(3)Lil Pump/Lil Pump

10(-)Masseducation/St.Vincent

 

イギリスに続いてアメリカでもピンク1位です。聞いてみましょう。

 

 

 

 

彼女は歌は抜群にうまいし、社会の問題を要約したメッセージの送り手として人気ありますね。セカンド・アルバムの時からすでにそうでしたからね。その意味で好感は持てる人なんですけど、ただ、アルバム全体で聞くと、曲のアレンジがあまりにありきたりすぎるんですよね。ここのところがもう少し面白くなれば、「出せば売れる人だよね」な印象は超えていけると思うんですけどね。

 

なお、この曲、シングルでも14位に上がってきています。

 

 

2位は先ほどのグッチ・メイン。ミックステープ含めて、これ、30何作目とかなんですよね、確か。

 

そして3位初登場はベックです。聞いてみましょう。

 

 

 

 日本だとすごく好評で、武道館の公演も盛り上がったようですね。彼のアーティストとしてのステータス考えると、あるべき評価です。

 

 今回のベックのアルバムなんですが、ただ、僕の本音を言わさせていただくと、期待値が高すぎて、そこまでじゃなかったんですよねえ(苦笑)。きょねん、「Wow」とか「ドリームス」がシングルで出た時に「おおっ!楽しみだ!」ってなった後に間が空いて、やっと出たかと思った時に、そのまった時間に見合うサプライズがあったかというと・・って感じかな。方向性として、このポップな弾け方は僕も好きだし、グラミーの最優秀アルバムも獲得した後のムーヴとしても正しいとは思うし、アピールが必要なロック界にも入るタイプの音楽だと思うんですけどね。

 

 でも、ベックが好意を持って迎えられること自体は嬉しいです。

 

 そして10位にセイント・ヴィンセントですよ!英米でトップ10入り!嬉しいなあ〜。イギリスは自身あったんだけど、アメリカまでとはなあ〜。今年のチャートで最も嬉しいことの一つだなあ。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 13:13
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

SINGLES

1(2)Rockstar/Post Malone feat 21 Savages

2(1)Bodak Yellow(Money Moves)/Cardi B

3(4)1-800-273-8255/Logic feat Alessia Cara

4(5)Look What You Made Me Do/Taylor Swift

5(6)Feel It Still/Portugal The Man

6(3)Mi Gente/J Balvin &Wily William feat Beyonce

7(13)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

8(7)Thunder/Imagine Dragons

9(8)Sorry Not Sorry/Demi Lovato

10(10)Unforgettable/French Montana feat Swae Lee

 

 

ALBUMS

1(-)Perception/NF

2(1)Greatest Hits/Tom Petty&The Heartbreakers

3(-)Lil Pump/Lil Pump

4(6)Stoney/Post Malone

5(56)Kane Brown/Kane Brown

6(4)The Bigger Artist/A Boogie Wit Da Hoodie

7(7)Luv Is Rage 2/Lil Uzi Vert

8(-)Heaven Upside Down/Marilyn Manson

9(8)Evolve/Imagine Dragons

10(10)➗/Ed Sheeran

author:沢田太陽, category:全米チャート, 22:03
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

 

こっちは明日は休みです。そういう日に限って家族行事で逆に忙しかったりするものですが、全米チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Bodak Yellow(Money Moves)/Cardi B

2(2)Rockstar/Post Malone feat 21 Savages

3(21)Mi Gente/J Balvin &Wily William feat Beyonce

OK

4(4)1-800-273-8255/Logic feat Alessia Cara

5(3)Look What You Made Me Do/Taylor Swift

6(7)Feel It Still/Portugal The Man

7(17)Thunder/Imagine Dragons

8(10)Sorry Not Sorry/Demi Lovato

9(4)Despacito/Luis Fonci&Daddy Yankee feat Justin Bieber

10(6)Unforgettable/French Montana feat Swae Lee

 

カーディBが1位をキープ。

 

3位に前ここで紹介しましたコロンビアのJバルビンの「ミ・ヘンテ」が、ルイス・フォンシがビーバー効果で大ヒットしたように、こちらはビヨンセで対抗しました。1位、取るかな?

 

7位にはイマジン・ドラゴンズ、アルバムから2枚目のトップ10。これ、ライブだとどう表現するんだろうね。そう思って、パフォーマンスの動画を貼りました。スタジオ盤よりはちゃんと生っぽくはなるんですね。こういうとこはハッキリさせたほうがいいので、こういうのはいい試みだと思います。でも、ホント、好きだよね、太鼓(笑)。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Now/Shania Twain

2(-)Greatest Hits/Tom Petty&The Heartbreakers

3(-)Tell Me You Love Me/Demi Lovato

4(-)The Bigger Artist/A Boogie Wit Da Hoodie

5(-)Younger Now/Miley Cyrus

6(6)Stoney/Post Malone

7(2)Luv Is Rage 2/Lil Uzi Vert

8(7)Evolve/Imagine Dragons

9(8)Damn/Kendrick Lamar

10(10)➗/Ed Sheeran

 

シャナイアが全米でも1位でした。英米豪の3国で1位でしたね。他のヨーロッパ圏ではあんまり強くなくドイツの12位が最高でした。

 

 

そして2位にトム・ペティのベスト盤ですよ!やっぱり影響力は大きいですね。

 

この反応の大きさを象徴する事柄を紹介しておきましょう。

 

 

まずトムの地元、フロリダのアメフト・チーム、フロリダ・ゲイターの試合で彼の「I Won't Back Down」がスタジアム内で大合唱されました。

 

 

それから

 

 

 

ラス・ヴェガスで50人を超す射殺者のでた大惨事となってしまったカントリー・フェスでの、事件発生時にパフォーマンスをしていたジェイソン・アルディーンが悪夢のような体験を乗り越え「サタディ・ナイト・ライヴ」に出演。犠牲者の方々に誠意のこもったメッセージを送ったと、彼も「屈しないぞ」という意味を込めてトム・ペティの「I Won't Back Down」を歌いました。動画で良いのがなかったので、写真で紹介しますね。

 

 

 あと、このベストが収録曲の関係上、いちばん手っ取り早かったので上位に来ましたね。これの他にも27位に、このベストで拾えない曲が入っている「Wildflowers」、34位に拡大ベストの「Anthology」、122位にブレイクのキッカケになった「Damn The Torpedoes」(破壊)、そして127位に「I Won't Back Down」がそもそも入っていた「Full Moon Fever」。これらがランクインしました。

 

3位で初登場はデミ・ロヴァートの新作、4位初登場はニューヨークのラッパー、ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディー、5位はマイリー・サイラスが初登場してきました。今回マイリー、英語圏では振るわないんですが、スペインで1位とかイタリアで9位とか、アルゼンチンで5位とか、変わったチャートアクションをしています。

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 15:24
comments(0), trackbacks(0), - -