RSS | ATOM | SEARCH
最新全米チャート

どうも。

 

 

では、全米チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(-)Nice For What/Drake

2(1)God's Plan/Drake

3(2)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

4(3)Psycho/Post Malone

5(5)Look Alive/BlocBoy JB feat Drake

6(6)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

7(7)Perfect/Ed Sheeran

8(-)I Like It/Cardi B feat Bad Bunny and J Balvin

9(9)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

10(15)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

 

 

イギリスに続いてアメリカでもドレイク1位です。

 

8位はカーディBがアルバム解禁とともに入ってきました。まだこの国ではストリームでのエントリー上限がないので、今週はいっぱい入ってます。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Invasion Of Privacy/Cardi B

2(-)America/30 Seconds To Mars

3(1)My Dear Melancholy(EP)/The Weeknd

4(5)The Greatest Showman/Soundtrack

5(3)?/XXXTentacion

6(7)Culture II/Migos

7(6)Black Panther/Soundtrack

8(2)The World Is Yours/Rich The Kid

9(8)Stoney/Post Malone

10(-)Total Xanarchy/Lil Xan

 

そのカーディBが1位です。聞いてみましょう。

 

 

 

これは正式なヴィデオ、見たいんですけどねえ。本当にいい曲。

 

 

カーディですけど、デビュー・アルバムは歴史に残るんじゃないかなと思えるくらいにいいです。女性を刺激するリリックと、どことなくトゥパックのそれを思わせる、天性にメロディックなライム・フロウ。しかも、トラップだけじゃなく、早くもいろんなタイプの曲に対応できていて、フィーチャリング抜きの曲の方でより強い才能が発揮できているのが素晴らしいです。今年の僕の年間ベスト・アルバム、かなり上位に入ることになると思います。

 

2位初登場はジャレッド・レトのバンド、サーティ・セカンズ・トゥ・マーズ。これも聞いてみましょう。

 

 

ジャレッド、映画で忙しいんでしょうね。MV話でテレビでのパフォーマンスのみですね。ただ、もう曲の方があまりにロックから乖離しすぎですね。悪い意味で、最近の子供の人工甘味料的なポップに迎合しすぎです。俳優業で忙しくなりすぎて、音楽のことまで頭回ってないんじゃないかな。アルバム自体は世界的に売れてますけど、これはかなり微妙です。

 

 

そして10 位ですが、早くも非常に悪名高い存在になっています。ラッパー、リル・ザンのデビュー・アルバム。これも聞いてみましょうか。

 

 

 

これは、僕、今年見た中で最もレヴューの内容がひどいですね。いわゆる「エモ・ラップ」「マンブル・ラップ」の潮流にメジャーが白人で便乗した感じなんですけど、ブーム自体が褒められたものじゃないのに、その便乗じゃ、そうなるのも無理ないですよね。しかも「Xan」って、リル・ピープを結果的に殺したクスリ『Xanax』のこと?だとしたら、そこからして悪趣味ですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 13:11
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

 

では、全米チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)God's Plan/Drake

2(2)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

3(4)Psycho/Post Malone

4(-)Call Out My Name/The Weeknd

5(6)Look Alive/BlocBoy JB feat Drake

6(7)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

7(5)Perfect/Ed Sheeran

8(3)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

9(8)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

10(15)Walk It Talk It/Migos feat Drake

 

まだドレイク、1位が続きます。

 

4位初登場はウィーケンドのEPの1曲めの曲ですね。イギリスに引き続いてのヒットです。

 

あとミーゴスの、ドレイクをフィーチャーしたアルバム「Culture 2」からの「Walk It Talk It」もトップ10入りしました・

 

では県外に行きましょう。13位上昇中のこの曲で。

 

 

リッチ・ザ・キッドの「Plug Walk」。彼はアトランタ生れのニューヨークのラッパーで現在25歳。デビュー・アルバムが出たばかりです。

 

いまどきのトラップに乗った感じでデビューして、言い方は良くないですけど、すごくありガチな感じで特に強い個性はデビュー・アルバム聞くに感じませんでしたけどね。ただ、アルバムの、批評媒体はともかく、世間一般には人気の高いアルバムになっています。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)My Dear Melancholy(EP)/The Weeknd

2(-)The World Is Yours/Rich The Kid

3(2)?/XXXTentacion

4(-)Golden Hour/Kacey Musgraves

5(4)The Greatest Showman/Soundtrack

6(3)Black Panther/Soundtrack

7(5)Culture II/Migos

8(7)Stoney/Post Malone

9(8)Divide/Ed Sheeran

10(6)Bobby Tarantino/Logic

 

そのウィーケンドが1位で、リッチ・ザ・キッドが2位です。

 

リッチ・ザ・キッド、最近、スポティファイの影響でアメリカだけじゃなく他の国でもアメリカのヒップホップ・アクトのチャート・アクションが良くなっているんですが、このアルバム、ヨーロッパでも30位前後ではありますが、入ってきていますね。

 

そして大好評のケイシー・マスグレイヴスは4位で初登場。聞いてみましょう。

 

 

これが意欲的なカントリー・ディスコ。こういう、かなり実験的な試みがこのアルバム、満載なんです。

 

 

この曲はなんかミッシェル・ブランチがサンタナと組んでヒット出した時のメロディ感覚に似てますね。まあ、つまり、グレッグ・アレクサンダーが売れっ子だった時の曲調ってことですけどね。

 

 

このアルバム、大絶賛されていますが、長く売れてほしいです。。

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 08:04
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

 

先週はチャートだけだったのですが、今週はやります。全米チャート。

 

 

SINGLES

1(1)God's Plan/Drake

2(2)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

3(4)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

4(5)Psycho/Post Malone

5(3)Perfect/Ed Sheeran

6(11)Look Alive/BlocBoy JB feat Drake

7(7)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

8(9)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

9(7)Sad!/XXXTentacion

10(8)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

 

 

トップ10入りそのものはブロックボーイの再登場だけかな。ドレイクはいつまで続くんだろう。

 

では、圏外に行きましょう。22位のこの曲で。

 

 

ショーン・メンデスのニュー・シングルですね。なんかすごく「ネクスト・エド・シーラン’を期待されている感が強いですね。この72位から22位への驚異的な上がり方を見ても、それは伺えます。商業的には今年1番成功してしまうかもしれません。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Boarding House Reach/Jack White

2(1)?/XXXTentacion

3(3)Black Panther/Soundtrack
4(6)The Greatest Showman/Soundtrack

5(5)Culture II/Migos

6(4)Bobby Tarantino/Logic

7(10)Stoney/Post Malone

8(8)Divide/Ed Sheeran

9(12)Evolve/Imagine Dragons

10(13)Camila/Camila Cabello

 

初登場で1位はジャック・ホワイト。聴いてみましょう。

 

 

今回、ソロ3作目で、一番冒険した作品ですね。面白いアルバムだとは思います。ただ、ボンゴの使い方とかファンキーで面白いんですけど、曲がちょっと雑な感じもしたかな。ホワイト・ストライプスの時って、アヴァンさと曲の丁寧さが両立できてた良さがあったと思うので。ただ、彼のエレキギターの音色としては久々に面白い作品かな。

 

賛否は真っ二つに別れてますが、時間おいて聞いた時にどういう印象に変わっているか。試してみたいと思っています。

 

 

 



 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 09:32
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

SINGLES

1(1)God's Plan/Drake

2(4)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

3(2)Perfect/Ed Sheeran

4(3)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

5(5)Psycho/Post Malone

6(6)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

7(19)Sad!/XXXTentacion

8(7)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

9(-)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

10(8)Pray For Me/The Weeknd feat Lendrick Lamar

 

 

 

ALBUMS

1(-)?/XXXTentacion
2(RE)Hardwire To Self Destruct/Metallica

3(4)Black Panther/Soundtrack
4(1)Bobby Tarantino/Logic

5(7)Culture II/Migos

6(6)The Greatest Showman/Soundtrack

7(-)Seasons Change/Scott McCreery

8(9)Divide/Ed Sheeran
9(-)I'll Be Your Girl/The Decemberists
10(10)Stoney/Post Malone

author:沢田太陽, category:全米チャート, 20:33
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

では、全米チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)God's Plan/Drake

2(2)Perfect/Ed Sheeran

3(3)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

4(5)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

5(4)Psycho/Post Malone

6(8)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

7(6)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

8(9)Pray For Me/The Weeknd feat Lendrick Lamar

9(7)Look Alive/Bloc Boy,JB feat Drake

10(11)All The Stars/SZA feat Kendrick Lamar

 

 

全体的に動きの少ないチャートですね。ドレイクはまだ1位を続けそう。

 

 

では、今回はアルバムで語ること多いのでアルバムに行っちゃいます。

 

 

 

ALBUMS

1(-)Bobby Tarantino/Logic
2(-)Lil Boat 2/Lil Yachty

3(-)American Utopia/David Byrne
4(1)Black Panther/Soundtrack

5(-)Firepower/Judas Priest
6(2)The Greatest Showman/Soundtrack

7(4)Culture II/Migos

8(12)Both Sides Of The Sky/Jimi Hendrix
9(5)Divide/Ed Sheeran
10(6)Stoney/Post Malone

 

 

ロジックの最新ミックステープが初登場で1位です。聞いてみましょう。

 

 

 

 

 

この人の曲、わかりやすいですよね。なんか突出した何かがあるとかではないですけど。

 

 

初登場で2位はリル・ヨッティの新作。

 

 

そして初登場で3位がなんとデヴィッド・バーン。聞いてみましょう。

 

 

元トーキング・ヘッズの絶対的中心人物デヴィッド・バーン。ソロ作そのものが10数年振りだったのにいきなりこの順位。トーキング・ヘッズはもうパンク/ニュー・ウェイヴ時代のレジェンドですが、あのヘッズでさえ、実は全米トップ10アルバムってないんですよ。僕、リアルタイムで覚えてますけど、いつも20位には入るんですけど、10位台でした。これまでの彼に対してのリスペクトが一気にきた結果なんでしょうかね。

 

 

 ちなみに僕、この曲でヘッズの時のいい感じが戻ってきたと思ってアルバムすごく楽しみにしてたんですよ。そしたら、このアルバムがなあ・・。いい曲、これくらいしかなかった(苦笑)。全体的にすごく地味なんですよね。声も加齢しちゃっててちょっと寂しい感じも。

 

 

 でも、本人はすごくやる気で、今年はヘッズ時代の名曲多めのワールドツアーにも出ます。で、実はもう、今、ロラパルーザのために南米に来ています。サンパウロでは、この土曜日にやります。もちろん、僕も見るつもりです。

 

 

初登場で5位はイギリスに続いてジューダス・プリースト。アメリカでも自己最高位を更新しました。大健闘です。8位にはジミ・ヘンドリクスの編集盤。

 

そして惜しかった。11位のこのアルバムから聞いてみましょう。

 

 

 

 

現在の最新のサザン・ロックを聴かせるナサニエル・レイトリフ。ここ最近、クリス・ステイプルトンとかスタージル・シンプソンみたいなカントリーでエッジのアルロックを聴かせる人がいますけど、彼はそちら風に聴かせつつも、軸足がロックの方にある分、よりアレンジが今っぽいロックの方に向いていて、よりカッコよくなってると思います。

 

彼は、いつからか再スタートした、60s-70sの名ソウル・レーベル、スタックスのレーベルの看板を背負っている存在です。それだけ期待値も高く、この数年かけてジワジワと注目を浴びていました。この曲、今のアメリカのロック系のラジオでよくかかっていて、もしかしたら、もう少しジワジワと売れるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 11:03
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

今はもっぱらロラパルーザの予習ですね。

 

では全米チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)God's Plan/Drake

2(3)Perfect/Ed Sheeran

3(4)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

4(2)Psycho/Post Malone

5(7)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

6(5)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

7(6)Look Alive/Bloc Boy,JB feat Drake

8(11)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

9(9)Pray For Me/The Weeknd feat Lendrick Lamar

10(12)Stir fry/Migos

 

トップ10、そんなに大きくは変わりません。

 

8位にゼッドのニュー・シングルが入ってきていますが、フィーチャリングがカントリーのマレン・モリスですね。正直、誰が歌っても同じような感じになっているのが皮肉ですが。ミーゴスはこれ、3回目かな、返り咲き。

 

 

では、圏外に行きましょう。22位初登場のこの曲で。

 

 

 

これはDJキャリドのニュー・アルバムからの先行シングルですね。フューチャーとジェイZとビヨンセがコラボしてます。まあ、キャリド自身の音楽性は相変わらずよくわかんないんですが、まあ、才能あるアーティストの共演の場を作ってるのかなと思えばいいのかな。ただ、こういう形で自分の名を売る商法、いつまで続くんだろう。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

 

ALBUMS

1(2)Black Panther/Soundtrack
2(5)The Greatest Showman/Soundtrack

3(-)Memories Don't Die/Tory Lanez
4(3)Culture II/Migos

5(6)Divide/Ed Sheeran
6(7)Stoney/Post Malone

7(8)Evolve/Imagine Dragons

8(12)Camila/Camila Cabello
9(9)Damn/Kendrick Lamar
10(4)Day69/6ix 9ine

 

先週の突然のボン・ジョヴィの1位は一瞬で終わり、「ブラック・パンサー」のサントラが1位です。

 

 

3位はカナダのラッパーのトーリー・ラネス。聞いてみましょう。

 

 

 

 

なんか声変わり前の人みたいですが、25歳の男性です。まあ、ラッパーというよりシンガーですね。ただ、フューチャーのプルプルいってるラップの方が目立っちゃってる印象はありますね。聴きやすさはあって僕は嫌いじゃないんですけど、アルバムの評判そのものはあんまり良くないようですね。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 20:07
comments(0), trackbacks(0), - -