RSS | ATOM | SEARCH
いよいよオスカー前哨戦、はじまる!

どうも。

 

例年より1週間早いんですが、オスカーシーズン、突入しています。

 

 

まずは今週、

 

28日 ナショナル・ボード・オブ・レヴュー

30日 ニューヨーク映画批評家協会賞

12月3日 ロサンゼルス映画批評家協会賞

 

 

幕開けはいつもこの3つなんですが、早いものだと、もう日本時間の明日ですよ。ナショナル・ボード・オブ・レヴューから始まります。

 

 

 今年はまだ、ここまでのところ、またハッキリとしたフロントランナーが見えません。

 

下馬評だと

 

 

 

夏に公開されヒットもしたクリストファー・ノーランの「ダンケルク」が強いという声が多いんですが

 

 

 

 それを9月のアワードシーズンを制したヴェネティアの金熊賞のギレルモ・デル・トロの「The Shape Of Water」に、トロントを制した「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」が絡む展開かと見られていましたが

 

ここに来て

 

 

 

ロットントマトーズ史上初の100点満点レヴューを記録した、インディ映画の女王、グレタ・ガーウィッグが初監督した、シアーシャ・ローナンの「Lady Bird」が割って入り

 

 

 

 さらに、公開の始まったゲイ・ロマンス映画「Call Me By Your Name」もかなりの評判です。

 

はたまた

 

 

 滑り込み公開となったスピルバーグのジャーナリズム映画「The Post」の形勢逆転はあるのか。

 

 と、そんなところでしょうか。上以外の作品が受賞したら、それは面白いサプライズですね。

 

 さあ、何が優勢になるか。来週の今頃、もう一回見てみましょう。

 

author:沢田太陽, category:オスカー, 13:30
comments(0), trackbacks(0), - -