RSS | ATOM | SEARCH
今年のフジロックに行った人が羨ましい(2)やっぱケンドリックとディラン

どうも。

 

 

今日も昨日の続きで、フジロックに行かれた人が羨ましいなあ、という話です。

 

昨日は「今年のリリースから考えて、見るべきアクト」について書きましたけど、今回は

 

 

 

やっぱ、ケンドリックとディランですよ!!

 

こればっかりは、フジロックの歴史にさえ残りますねえ。だって、ポップ・ミュージック史上に残る屈指のポエットですよ。この2人を2日連続で味わうことができるんですから。帰国できるものならしたかったくらいですよ。

 

 

ケンドリックの場合は、セットリストそのものは「good kid maad city」、「To Pimp A Butterfly」「DAMN」の3枚に、旧知の友人のスクールボーイQのアルバムに参加した曲(ライブではおなじみの曲)に「ブラックパンサー」のサントラを聴いていれば迷うことなく楽しめるもので、僕もそこはそんなに驚きはなかったんですけど、彼の場合はやっぱりあの変幻自在の生フロウを体験してみたいですね。あのワザはやっぱり、音源で聴いても他に聞いたことないものですからね。今まで生で聴いて衝撃的にうまかったの、アウトキャストのビッグボーイですけど、それよりは確実に上だとも思うしなあ。

 

 

 あと、ケンドリックの場合はステージ演出ですね。今回もカンフー・ケニーのコンセプトだったらしいんですけど、彼、アワードのパフォーマンスの演出とかから考えて、その表現でも天才的なとこあるので、興味津々なんですよね。ああ、南米で見たいなあ。

 

 

 ディランの方は、トリじゃなかったんですってね。僕はですねえ、ヴァンパイア・ウィークエンドって正直相性良くなくて、とりわけ彼らのライブには満足したことないので、多分その場にいたら「マジで??」となったような気もしますが(スミマセン、苦笑)、それはともかく、まずセットリストに「おおっ!」となりましたね。だって

 

「Time Out Of My Mind」以降からが8曲!

 

つまり、

 

55歳すぎて発表した曲がセットリストの半分なんですよ!

 

 確かに1997年の「Time〜」からディランは本格復活したし、僕もそれとか「Love And Theft」「Modern Times]あたりは何度も聞いたすごく好きなアルバムです。でも、パブリック・イメージでディランって60、70年代のアーティストで、集まった人もそこを聞きたがるじゃないですか。でも、ディランはあくまで懐メロ・アーティストじゃなく、現在進行形のアーティストとしての自分をちゃんと表現できる。そこがすごいですよね。しかもそれが強がりなんかじゃなく、しっかり、彼の代表作として更新されて加わったものですからね。そこがすごいと思います。本当に名盤が尽きない人です。

 

そういうこともあって、今、Spotifyに「Dylan Live Favorite」というのをセットリストFMの統計で調べて、27曲入りのものを3つ作りました。全部で80曲くらいあるんですが、全て200回以上プレイされている曲です。その曲の内容が興味深くて、やっぱり「Time〜」から2012年の「Tempest」までの曲が多いんですよ。それから彼のベスト盤までには入らない、古いファン・フェイヴァリットまで知ることができて、すごくいいですよ。興味のある人は僕のアカウントでチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:フェス, 20:36
comments(3), trackbacks(0), - -
今年のフジロックに行った人が羨ましい(1)僕も見たかったアーティスト

どうも。

 

 

今年のフジロック、本当に良かったようですね。いろんなレポート読んで、「こういうのが一度に見れるなんて、すごいじゃん!」と思いながら読んでましたね。

 

 

今回の場合、どうしてもケンドリックとディランに注目が集まりがちですけど、それ以外にも、結構、「今、見なきゃ!」なもの、あったなあと思います。それを僕なりにピックアップしていきますね。

 

 

Let's Eat Grandma

 

 

 

まず一つはレッツ・イート・グランマ。これは見たいなあ。彼女たちが今年出したアルバム「I'm All Ears」というのは、今年一番アヴァンなポップ・アルバムで、注目度もかなり上がってます。次あたりでかなり本格的な人気になるような気がしてるんですけど、そうなる前の貴重な瞬間だったと思うんですよね。だからかなり出番が早かったみたいなんですけど、見た人かなりラッキーだったと思います。

 

 

パーケイ・コーツ

 

 

これも見たかったなあ。パーケイ・コーツ。今年でた、デンジャー・マウスのプロデュースのアルバム「Wide Awake!」は世間で言われているほど好きではないんですけど、それでも僕も前から好きなバンドではあったし、今回のアルバムで商業実績が付いてきて、次回以降で確実に注目を浴びるバンドになったわけですからね。バンドとして、脂が乗り始める絶好の時期だったと思います。まだ一回もライブ見れてないバンドなので、僕も見たいですね、これは。

 

 

ジョン・ホプキンス

 

 

 

これも見たかったなあ。ジョン・ホプキンス。

 

僕、フジの夜中のヤツは、日本にいるときから、「体力温存」を建前にあまり積極的に見なかったクチですが、彼くらい良心的で、かつメロディックなエレクトロ・アーティストなら是非体験したかったですね。 今年でた「Singurality」ってアルバム、傑作だし、全英トップ10という、異例の成功まで収めましたからね。今こそ見ておくべきアーティストです。

 

 

 

でも、なんと言っても「見たすぎる!!」のは、やっぱ、これですよ

 

 

 

ケイシー・マスグレイヴス!!

 

 これ、本当に「マジかよ!」って感じですよ。彼女の今年のアルバム「ゴールデン・アワー」は僕の年間ベストで、今のところ、年間1位にかなり近い位置にいるくらい、本当はインディ・ロックのアーティストが作らなきゃいけなかった類の、最高にクレヴァーなポップ・アルバムです。さらに、彼女の全米ツアーの前座って、ナタリー・プラスとサッカー・マミーなんですよ。今のアメリカのインディで最も趣味の良いアルバム出した女性アーティストたち。全部、僕の3ヶ月おきにこのブログで発表するトップ10アルバムに入ってる人たちですよ!!そういうとことに、カントリーというところから着目してるところもすごいですよね。LordeとHAIMに目をつけたテイラー・スウィフト以上のマニアックさだし、だいたい本人のアルバムそのもののセンスの良さが「スウェーデンのポップ系のソングライター」じゃなくて、「2000年代の地味渋なインディ・ロックのメンバー」に由来するところですでに差があるというものです。

 

 

 で、このケイシー、「フジに来てる」って、友人がインスタに写真上げるまで気がつかなかったんですよ(苦笑)。いつ、決まってたの??知ってたら、ここでもっと大騒ぎしてましたよ(笑)。いいなあ〜。ブラジルのインディ・ロックのメディアでケイシーに触れるもの見たことないし、ロラパルーザ、来るの難しそうだからなあ〜。今、一番面白いんだけどねえ。

 

 

 

author:沢田太陽, category:フェス, 20:21
comments(1), trackbacks(0), - -
ロラパルーザ・ブラジル2018総括

どうも。

 

 

いや〜、行ってきましたよ。

 

 

 

ロラパルーザ・ブラジル!

 

今年はとうとう3日開催だったんですけど、連日10万人動員に成功して30万人の動員に成功しました!いやあ、今年は僕も本当に文句なかったですね。では、ハイライトを見ていきましょう。

 

 

❶ヘッドライナーのキングはどう見てもパール・ジャム!

 

 

今年はレッチリ、パール・ジャム、ザ・キラーズの3つがヘッドライナーだったんですが、もう圧倒的にパール・ジャムでしたね!!すごかった!!

 

レッチリも人気はあったし、うまいんですよ。でも、ある時期から顕著なんですけど、やっぱり「ライトユーザー向け」のライブをどうしてもやってしまう。ミディアムからスローばっかりで飽きちゃうんですよね。そこいくと、パール・ジャムって無骨かもしれないけど、今も熱いロックンロールに名人級の熱すぎるライブを聴かせてくれる。今回もフェスなのに2時間30分、何事もなかったように当たり前にやっちゃいますからね。初期の曲が多めではあるんですが、最近の曲もしっかりやるし、今回なんかは「Lost Dogs」っていう未発表曲集のアルバムから4曲もプレイするマニアックぶりですよ。しかも、他の公演ではそんな選曲してないのに。

 

 加えて、五人組バンドとしてのフォーマットの美学が完璧ですね。ストーン・ゴッサード、ジェフ・アメン、マット・キャメロンのリズム部隊は一切のブレのない完璧なグルーヴを刻むし、歳を重ねれば重ねるほど自由度が拡大してよくなっているマイク・マクレディの自在なソロ、そしてエディですよ!あの独特の発声で、シャウト決めさせても、バラード歌い込んでもすごく説得力がある。もう、無くなりかけてますけど、五人組バンドの最高峰としてAC/DCは超えちゃうかもしれませんね。もう、それくらいの域でしたよ。

 

 そしてビックリする企画もあったんですよ。

 

 

なんと

 

ペリー・ファレル、飛び入りですよ!!

 

 

ペリーといえばロラパルーザの創始者ですが、ちゃんとこうやって南米のロラにまでちゃんときてるところがエライ。それから彼は元はジェーンズ・アディクションのフロントマンなんですが、今回はペリーの誕生祝いでPJが彼をステージに呼んで、そこからジェーンズの「マウンテン・ソング」を共演カバーですよ!これはもう、本当にオイシかったです。

 

 

 パール・ジャム、もうブラジルが大好きな人たちで、2010年代だけでもう4回目なんですよね。彼らはそのことに強く感謝していて、「ここですごく稼がせてもらっているので、アマゾンの自然保護のチャリティに稼いだ殆どを寄付させてもらったよ」と言ってたくらいです。そしてエディ、「サンパウロは全世界のロックの首都だ!」発言、本当にやっちゃいました!

 

 まあ、それも

 

 

パール・ジャムの際の上空の会場写真、これですからね!どんだけ人、居たんだよって感じでしたけどね。もう、ブラジルでの人気と信頼、桁外れです。

 

 

 キラーズがなあ。正直、ギターとベースの2人がライブ活動から撤退して見知らぬメンバーになったことと、どうも似合ってない女性ヴォーカルのメンバーつけたのが違和感ありましてね。あと、毎度毎度のベスト盤みたいなセットリストも代わり映えがないし、あと、ブランドンがちょっと焦りがあるのか、「盛り上げなきゃ」ってやりすぎて気負いすぎてて良くなかったですね。新作がコケたことが気になってるのかなあ。

 

 

❷ラナ・デル・レイの客のパワーがすごすぎ(笑)!

 

 

あと、

 

 

ラナですよ(笑)!

 

もう3日目の話題は独占してましたね。

 

 

彼女はとにかくブラジルでは桁外れに人気がありましてですね、ロラでも毎年のように「出演してほしいアーティスト」のリクエスト第1位アーティストだったんですね。今年それがついにかなって、ブラジルでも4年半ぶりにライブが実現したんですけど、その前のライブの時に、彼らファンがどれだけすごかったかを覚えている身からしたら「これ、3時間くらい前から座席確保しないと見れないな、これ」と思い、席取りしてずっと張り付いて待機しましたよ。おかげでいい位置で見れましたけど、でも、もう1時間くらい前から身動き取れないでギュウギュウで本当に辛かったですよ。

 

 

 本当は自分のケータイでラナの登場シーン、録音してあるんですけど、なかなかサイト上の反映が難しいので、これを参照にしてください。

 

 

 

 

これが一番まとまってるかな。ただ、現場に居合わせた感覚からしたら、観客の悲鳴と合唱、こんなもんじゃなかったです!凄まじかったですよ。1日後にラナが自分のフェイスブックのファンのメッセージで、このサンパウロのライブ、動画付きで紹介したほどですから。

 

 

 あと、彼女自身の演出も濃かったですよ。

 

 

 

この股広げての立膝ポーズがエロくてですね。これを結構繰り返したり、グランド・ピアノの上に寝そべったりね。あと、客席から降りてく時に、男性ファンの頬にキスまでするわでね!

 

 

 あと、こないだレディオヘッドの「クリープ」の盗作疑惑になってた「Get Free」って曲があるんですけど、他の曲の中で「コピーライトの問題、終わった」と替え歌で歌ったところ、あとで客からのリクエストでせがまれて、ちゃっかりこの曲、歌ってましたね。そしたら、これが結構大きな今日の音楽ニュースになってましたね。

 

 

とにかく話題満載、twitterでのブラジル・ロラの話題で1位だったのも彼女でした。

 

 

❸躍らせ上手

 

 あと、今回のロラのライブで他に圧倒的に良かったものとして

 

 

LCDサウンドシステムと

 

 

デヴィッド・バーンは欠かせませんでしたね。

 

2組とも「アートに躍らせる」ことに関してはもう天才的ですね。もう、見てるだけで体からだが湧き上がってきちゃいましたからね。

 

 

 

デヴィッド・バーンのこれなんて本当に見事ですよ。このセットと衣装とダンス。その昔「ストップ・メイキング・センス」作った人の才覚は何歳になろうが生きてるなとわかりますね。今回、トーキング・ヘッズ時代の曲も多くやったんですけど、こういうライブ続けていったら、ヘッズの再評価、間違いなく起こりますね。

 

 

❹黒人アーティストたちもアピール

 

 

今回、ブラジル版では初めてと言っていいんじゃないかな。黒人アーティストが目立つスロットに登場しては話題になりましたね。チャンス・ザ・ラッパー、アンダーソン・パク、そしてカリード。いずれもR&Bやヒップホップをバンドのフォーマットにうまく組み入れてよくやってました。全部良かったです。中でも

 

 

 

個人的にはカリードが一番良かったですね。ミニマムなバンド編成の中で、自分のサウンドがしっかり紹介できてて。しかも原曲と違うアドリブ表現もしっかりできててバンド生演奏の良さもしっかり理解していて。こういうとこは、去年、ウィーケンドが出演して同じようにやって行ったんですが、器用によくやってると思います。

 

 

 黒人アーティストの場合、「バンドの編成が多すぎる」「ダンサー多すぎる」「ヒップホップの曲が途中でブツッと終わる」みたいなとこがロック・フェスでの違和感になりがちなんですけど、今回の3組に関して言うとチャンスにやや克服すべき問題は感じましたけど、アンダーソン・パクとカリードはその意味でも問題なかったですね。

 

 

 あと、彼らが入ったことによって、オーディエンスに例年以上に黒人客が多く見受けられました。ポジティヴに評価していいとこだと思います。

 

 

❺次世代もさりげなく用意

 

 

 

 

あと、「ロックの次」を見越しての、早い時間出演の次世代アーティストもさりげなく準備されてる感じがしましたね。特にそれを感じたのがロイヤル・ブラッドとキャレオでしたね。両方とも、新しさはないタイプのバンDおですけど、トラディショナルなハードロックやブルーズ・ロックをやらせたら唸るところと新鮮さがある。で、実際、2組ともヨーロッパ圏内ではロングヒットを記録してるんですよね。おそらく来年のロラはこれに続いてグレタ・ヴァン・フリートを呼んでくるんじゃないかと僕は睨んでます。

 

 

 実際、この2つ、オーディエンスのウケもよかったんですよね。しかも年配ファンだけでなく、若い子にもウケてたし。

 

 

 ただ、僕的に一番驚いた若手といえば

 

 

 

 

このタッシュ・サルタナですね。オーストラリアが生んだまだ22歳の徐栄アーティストなんですけどね。基本は「サイケデリックな女性弾き語り」ではあるんですけど、彼女がすごいのはすべてを自分一人で表現するところで、ギターは超絶テク、歌もかなり美味い上に、そこで突然キーボードを弾いたりトランペットを吹いたり南米の民族楽器吹いたり、そしてさらには足りない部分のサウンドの付け足しを、足のペダル操作一つ駆使して表現してるとこですね。

 

 

今回でも、この一人パフォーマンス、圧巻でしたよ。まだ気がついてる人が少ないのが残念ですが、まだEP1枚しか出していないので、アルバム・タイミングはもっと注目されるでしょうからね。

 

 あとオーストラリアというのも、今の僕のポイント、デカいです。ここ最近、キング・ギザード&リザード・ウィザードだったりギャング・オブ・ユースだったり、すごい才能の発掘が相次いでいますからね。楽しみです。

 

 

author:沢田太陽, category:フェス, 11:51
comments(1), trackbacks(0), - -
ロラでメチャクチャ疲れてるけど楽しいです!

どうも。

 

 

ロラパルーザ、3日中2日、終わりました。

 

 

語りたいことはいっぱいあるんですが、とにかく疲れてて、時間がね。

 

今のとこのベストは

 

 

初日はLCDですね。次点がスプーンかな。チャンス・ザ・ラッパーとかロイヤル・ブラッドも良かったんですけどね。

 

 

 

 

2日目はパール・ジャムですね。この日はいいのがすごく多かった!少なくとも4つは他の日ならベストだったんじゃないかってくらい。うち一つはデヴィッド・バーンなんですが、全くの新人のタッシュ・サルタナって人と、アイスランドのキャレオってバンドは本当に良かった。アンダーソン・パクも良かった。ただ、期待したザ・ナショナルが声のコンディションが良くなかったかなあ、今日は。曲は良かったんですけどね。

 

 

と云う感じですね。あともう1日、ラナ・デル・レイにキラーズがあります。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:フェス, 15:15
comments(0), trackbacks(0), - -
これからロラパルーザです!

どうも。

 

 

これから

 

 

 

ロラパルーザです!!

 

 

今日はこんな感じです。

 

 

ヴォルビート→スプーン→ロイヤル・ブラッド→チャンス・ザ・ラッパー→LCDサウンドシステム→レッチリ

 

 

楽しんできます!

 

 

 

author:沢田太陽, category:フェス, 21:55
comments(0), trackbacks(0), - -
リアムがチリのロラパルーザ、4曲で退場したと思ったら・・

どうも。

 

もうすぐサンパウロでロラパルーザが始まるんですが、その1週間前のアルゼンチンとチリのロラでも、いろいろハプニングが起きました。

 

 

まず、アルゼンチンのロラパルーザの3日目は豪雨のため、あえなく中止になってしまいました。

 

 

そしてチリでは

 

 

 

リアム・ギャラガーが4曲歌っただけで、「ダメだ。今日は歌えねえ」と言って帰って行ってしまいました。

 

 

彼の場合、日本だと、福岡で2回だったかな、同じように帰って行った前科があるので、「おい、またかよ!」と思ったのですが、今回に関しては一応「病気」だったようですね。なんでもヨーロッパ・ツアー中に胸部感染なるものにかかったようで、その前のアルゼンチンは問題なくフルで歌っていたのですが、このチリがダメだったようです。

 

 

 彼は21日にサンパウロ市内で予定されていた単独公演もキャンセルし、正式な声明も出しているので、体調は実際に良くないようですね。

 

 サンパウロのロラだと、彼の出番は日曜日、25日のラストから3番目なので、ゆっくり休んでいただきたいですね。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:フェス, 19:02
comments(0), trackbacks(0), - -