RSS | ATOM | SEARCH
ウェブ・マガジンFuzeの90年代特集の原稿、書きました!

どうも。

 

 

現在、Fuzeマガジンというウェブ・マガジンで、90年代オルタナ特集をやっているんですが、僕もそこに「エンタメ年表」の文で参加しています。

 

 

こんな感じです。

 

「オルタナの生誕」は何を終わらせたのか? 1990-1992

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history01.html

 

 

オルタナティブは幻想だったのか? 1993-1995

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history02.html

 

 

オルタナの終焉で見えたモノ:1996〜1999

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history03.html

 

 

 こんな感じですけど、今回のこの年表、いわゆるオルタナだけじゃなく、UKロックもヒップホップも、映画もアメドラもみんな入った歴史です。youtubeとspotifyでそれぞれのイメージがかなり明確になっているんですけど、これを諸々見てるだけで結構興奮してきます。僕が生きて体験した中では、やっぱこの90年代、とりわけ1991年から96年、あるいは97年くらいは最も刺激ありますね。

 

 

 あそこにあるのでだいたい、あの頃のいちばん尖っていたカルチャーはわかると思うんですが、一つだけ、文章の流れの中でどうしても入れにくく入らなくて悔しかったものがあったので(笑)、入れさせてください。

 

 

 

コートニーは90年代語る上で重要なんですけど、なんかすごく裏っぽくなっちゃうんですよね。映画も「ラリー・フリント」「マン・オン・ザ・ムーン」ですごく印象に残る仕事をしてるんですけどね。

 

author:沢田太陽, category:個人話, 19:20
comments(0), trackbacks(0), - -
年間ベストアルバムのトップ10選んだ!

どうも。

 

 

昨日、こないだ言ってたライブに行きました。これはまた後ほど。おそらく明日にでも。

 

 

そして、これもこないだ話したことですが、年間ベスト・アルバムのトップ10、選び終わっています!

 

 

今回、自分でも何がトップに来るかわからなかったのと、トップ10に入れたいアルバムが12枚あって迷いました。一枚は、「不祥事発生につき」、不吉ナンバーの13位にしましたが、残り一枚がなかなか削れなかったので、全アルバムを聴いて選びました。その結果、トップ10から漏れたのが、かなり意外なアルバムになりましたね。

 

 

 ちなみに一枚外れたアルバムというのは11位ではありません。12位です。

 

 11位はトップ10選ぶ前から、これだけは最初から決めてました。つまり、こういうことです。

 

 

 「自分では、そこまでノレなかったけど、主観ゼロで完全に客観で選べば、本来これがベストだろう」

 

 

 それで選んだ、11位だけ、事前に公表しちゃいますね。これなんです。

 

 

 

 なんか「DAMN」って言葉も、トップ10からギリギリ漏れた感じでいいでしょ(笑)。

 

 まあ、前作、あの年の僕の1位だったので、許してやってください。

 

 いや、文句なく素晴らしいんですけど、「良いけど、彼の最高傑作ではないな」「僕は彼に歌やトラップは期待しないなあ」と思ったので、ここですね。

 

 

 残りの順位に関しては、12月に入ってから、50位からのカウントダウンで公表していきます。

author:沢田太陽, category:個人話, 19:39
comments(1), trackbacks(0), - -
アルバム From ワーストTo ベスト用に既に聴いてあるアーティスト一覧

どうも。

 

 

「ストレンジャー・シングス」は後2話のところまで来ました。もうすぐ見終わります。

 

 

今週はなんか、谷間ですね。テイラー・スウィフトのアルバムも出るといえば出るけど、ストリーミングが1週遅れるので、僕的には聴けるのはその時だし。そうでなければ、依然として海外エンタメ・ニュースはセクハラ問題がずっと続いている感じですね。

 

 

 僕も次の原稿や、来週見に行くミニ・フェスの予習をしている段階なのですが、閑話休題で、最近おやすみ中の、というか、本当は今やればいいのに(笑)、From ワーストToベストについて話しますね。

 

 

実は日常生活では、もう、これようにかなりのアーティストを聞いています。先月が書くネタが多かったのと、今月が仕事の原稿で忙しいので延びちゃってますけど、そのうちやるつもりです。

 

 

で、これまで「企画は立ててあったんだけど、実行せず」におわってるアーティストが結構な数ありますので、教えておきますね。こんな感じです。

 

ブラック・サバス

トゥパック

ジェイZ

トッド・ラングレン

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ

ヴァン・モリソン

ポール・マッカートニー

U2

ロバート・プラント(ソロのみ)

ビヨーク

PJハーヴィー

モリッシー(ソロのみ)

 

 

 これらのアーティストに関して言えば、実は行こうと思えば行けます。貯めすぎですよね(笑)。

 

 やるとしたら、今の気分ならPJハーヴィーかな。来週見に行くライブ、彼女なので。モリッシーも新作前に聴いてるんですけど、聞き出したら、すごくハマってます。

 

 

 あと、今後、やってみたいアーティストをリストアップしておきますね。

 

エルトン・ジョン

ディープ・パープル

ニール・ヤング

 

この辺りもベスト盤や新作が出るからですね。実はディープ・パープルが先週3枚組のベスト盤を出しているんですけど、これがすごくいいというか、全時期において選曲が完全平等なんですよね!ここ20年の、リッチー・ブラックモアのいない、大人のサイケ・ハードロックみたいな路線から8曲、初期のサイケバンドだった頃から6曲と、彼らが本来、「こう理解されてほしい」と思っているのかな、と思える選曲してて興味深いです。

 

 

 あと、個人的には、メタル関係、プログレ関係で3アーティストくらい聞きたいのと、パンク/ニュー・ウェイヴ期が特に大好きなので、こっちはかなり正確に掘り下げて研究したいなあと思っているところだったりもします。

 

 

 さて、次は何かな。

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 18:38
comments(0), trackbacks(0), - -
アルバム年間ベスト50枚、やります!

どうも。

 

 

こないだチラリと言った、アルバムの年間ベスト・アルバムですけど、リクエストあったので、50枚、やります(笑)!

 

 

対象期間は、12月1日(金)のリリース分まででやろうかと思います。ここまでのだと、U2の新作のリリースも聞けますからね。

 

 

 で、発表なんですが、同じ頃にオスカーの前哨戦の結果やら、ロックの殿堂の決定もあるので、書くことがたくさんなんですが、その翌週から少しずつアップして行って、12月の16日の土曜日、もしくは17日の日曜日に終える予定でいます。

 

 

 ただ、50枚だと、意外と大きなタイトル、外れることになります。かと言って、100位まで選んじゃうと、51位以下が結構適当な感じにもなりかねないので、やっぱ、50位までがタイトなものが選べると思います。

 

 

 でも、ある意味緊張しますけどね。自分の人生で、アルバムの年間50なんて、選んだことないですからね。だいたい、これまで、そこまで毎週新作をチェックして聴く週間なんてなかったから。やったところで、どうしても狭くなっちゃうしね。ただ、これがストリーミング時代の良いところで、気になったらお金気にせずに今の世の中、バンバン聴けるじゃないですか。なので、ようやく、こういうのができる時代になったんだな、と思います。

 

 では、お楽しみに。

author:沢田太陽, category:個人話, 19:42
comments(0), trackbacks(0), - -
寝込んでいます

どうも。

 

 

どうも、火曜日から体調不良です。

 

 

この日の朝起きた時からすごく気分が悪くて、ポルトガル語翻訳の仕事に出かけてたんですけど、そこでも気分がさらに悪化して早退。家に帰った時には額がすごく暑くなってて、数時間後に戻ってきたワイフが驚いたほどでした。

 

 

今日も1日家にいて静養してたんですけど、かなり効く解熱剤を飲んで熱は下がったんですけど、食欲が戻ってなく、薬の副作用か、頭がボーッとしてますね。

 

 

 何が理由かはまだハッキリしないですね。とにかく急に背中に激痛が走ったから急性胃腸炎だったのかもしれないし、風邪なのかもしれない。よくわかんないんですけどね。

 

 

 今週末、U2もあるので、早く良くしないと。

 

 

 すみません。まだ療養中につき、この辺で。

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 10:45
comments(0), trackbacks(0), - -
ワールドカップ・サッカーの予選の終盤から目が離せない!

どうも。

 

 

「ブレードランナー2049」、昨晩見てきました。きょう間に合わせようかとも思ったんですが、間に合わなかったので、明後日あげますね。

 

 

 僕的には今週末はもっぱらワールドカップ予選ですね。とりわけ南米がすごいことになっています。何せ

 

 

アルゼンチンの予選通過が危険な状態になってますから!

 

 まだ最終戦の試合で勝てば行けるんですけど、現在、圏外の6位ですからね。これ、南米では驚きを持って迎えられています。なんで、メッシをはじめ、世界有数のフォワード陣を持った国が、17試合でたった16点しか取れてないのか、ハッキリ言って、相当謎です。あのチームは本来、フォワードに比して、ボランチとディフェンダーが極度に層が薄いんですけど、そこを埋め合わせしようとしたら、攻撃のバランスが狂ってしまったとか、そういうのなのかな。

 

 

 今回の南米予選、アルゼンチンだけじゃなく、チリとコロンビアも結構ヤバ位ですからね。チリもこないだ勝ったんでようやく3位に上がったものの、最終戦の相手、1位のブラジルで、しかも今回の予選でブラジル・セレソンが唯一負けた相手がアウェーのチリ戦だったので、なんか勝ちにいきそうな気がするんですよね。負けたらここもアウトです。そしてコロンビアは、前の試合で勝ってたら進出してたのに、試合終了間際に2つの凡ミスで逆転負けしてしまい、しかも次の相手が「進出したら36年ぶり」というので国ガーフィーヴァーになっているペルーとのアウェーですからね。

 

 

 この感じでいくと、アルゼンチン、チリ、コロンビアのうち、1つは脱落するんじゃないかと僕は見てますけどね。

 

 ヨーロッパの方でも、もうオランダが脱落寸前ですよね。次のスウェーデンとの最終戦で「7点差つけての圧勝」が進出条件というのは、いくらなんでも無理がありますし。

 

 

 今回のロシア大会に関しては、やっぱブラジル大会でセレソンがああいう負け方をしたのが悔しかったんで、新チームからの試合、全部テレビかサイトでの生ストリームで見てるくらいずっと見てたりしてます(笑)。今やセレソンの方が福岡ソフトバンクホークスを上回って好きになっていますね。

 

 

 あと、僕みたいなタイプの人だと、これがものすごく役になってます。

 

 

 

 

このフラッシュスコアという、サイトとアプリですね。

 

 

ここすごいですよ。何せ、全世界で怒ってるプロのサッカーの試合、すべて速報と守備位置が確認できますからね!

 

 

 これでブラジル国内のリーグも、プレミアもリーガもチャンピオンズ・リーグも、最近はネイマールがPSGに移籍したんでフランスのも見てますね。これでチェックしてます。ここ、出場選手の横に国旗があって、その人がどこの出身なのかがわかるし、さらにサイト版だと、その選手のここ1年くらいの出場履歴と、数年の年間成績もわかるのですごく重宝してます。これで世界の主要なクラブと代表の先発メンバーの名前は最低限わかるようにもなりましたから。

 

 

 特にこれが携帯アプリで見れるのがいいですね。電車の中とかでちょくちょくチェックしてますもん。耳ではストリーミング・サーヴィスで音楽聞きながら。それがなんか日常の習慣と化してますね。面白い時代になったものです。

 

 

 あと、ブラジルに行ったことで、最近とみになんですけど、「対アメリカとか対イギリスではなく、世界規模でものを見てみたい」という視野になってきましたね。これ、音楽とか、政治とかも含めてなんですけど。僕が最近、英米のチャートだけじゃなく、オーストラリア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スウェーデンのチャートは最低限、公式サイトでチェックするようになったのもそれが理由でもありますしね。こう言う感覚、新鮮で楽しいものです。

 

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 21:23
comments(0), trackbacks(0), - -