RSS | ATOM | SEARCH
このブログ上での大型企画、進行中!

どうも。

 

 

今週、このブログでは、表向きには「ブラック・パンサー」祭でした。まあ、それに値する映画だとも思うんですが。

 

 

ただ、僕の生活上、実際に一番進んでいたのは、このブログ上で6月にやろうかと思っている、ある企画だったりします。

 

 

結構、大きな企画なんですが、今回のに関しては、他のメディアさんでやるのではなく、このブログ上でやろうかと思ってます。まあ、興味持っていただける方がどれくらいいるかもわからないのですが、一つだけ言えることは「こんなの、見たことない!」。それは確かだと思います(笑)。

 

 

 趣旨としては音楽で、このブログ上だと、去年の12月の年間ベスト・アルバム50枚以来の大きなものになります。準備進めてて、僕一人だけすごく盛り上がっていたりしますが(笑)、反響あればいいんだけどなあ。

author:沢田太陽, category:個人話, 21:06
comments(0), trackbacks(0), - -
メリー・クリスマス!

どうも。

 

 

今、こちらは24日の昼下がりです。これから夕方に家族とクリスマス・パーティをして、1日はゆっくりします。

 

 

日本と違って、こちらはクリスマスをすぎると活動が止まりますから年末のドタバタみたいなものがありません。静かにゆっくり過ごす感じです。このブログは何か毎日は書くし、最後に1本、総括的に大きなものを書くとは思いますが、ゆっくりはするでしょうね。

 

 

では、改めてメリー・クリスマス!今年はこの曲で。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 00:58
comments(0), trackbacks(0), - -
来年の春のライブの重要チケ、ゲット!

どうも。

 

 

年間ベストのSpotifyのリスト、すごくたくさんの人にフォローしていただいています。ありがとうございます。予想以上に反響あって嬉しいです。

 

 

僕の方はというと、年末ということで何かと忙しいですね。音楽はさすがにもう年内はそんなに情報ないので(と言いつつ、エミネムとかNERDは聞いてますけど。圧倒的に後者です)、各媒体の年間ベストで僕がちゃんと聞きそこなったものをフォローして聞いたりしてますね。あと、Spotifyをやりだしてから、ちょっと色々とプレイリスト作るのが楽しみになったりしています。

 

 

 あと、来年の3、4月に行くライブのチケットをゲットしていたりしています。こんな感じです。

 

 

 

こんな感じですね。なんか客観的に見たら、ものすごい暗い人みたいですけどね(笑)。これプラス、ロラパルーザが来年の僕の春のライブのラインナップですね。

 

 

でも、二つとも、もうメチャクチャ楽しみです!年月重ねるたびに惹かれるアーティストだし、両者とも最新作がすごく好きだったんでね。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 13:12
comments(0), trackbacks(0), - -
ウェブ・マガジンFuzeの90年代特集の原稿、書きました!

どうも。

 

 

現在、Fuzeマガジンというウェブ・マガジンで、90年代オルタナ特集をやっているんですが、僕もそこに「エンタメ年表」の文で参加しています。

 

 

こんな感じです。

 

「オルタナの生誕」は何を終わらせたのか? 1990-1992

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history01.html

 

 

オルタナティブは幻想だったのか? 1993-1995

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history02.html

 

 

オルタナの終焉で見えたモノ:1996〜1999

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history03.html

 

 

 こんな感じですけど、今回のこの年表、いわゆるオルタナだけじゃなく、UKロックもヒップホップも、映画もアメドラもみんな入った歴史です。youtubeとspotifyでそれぞれのイメージがかなり明確になっているんですけど、これを諸々見てるだけで結構興奮してきます。僕が生きて体験した中では、やっぱこの90年代、とりわけ1991年から96年、あるいは97年くらいは最も刺激ありますね。

 

 

 あそこにあるのでだいたい、あの頃のいちばん尖っていたカルチャーはわかると思うんですが、一つだけ、文章の流れの中でどうしても入れにくく入らなくて悔しかったものがあったので(笑)、入れさせてください。

 

 

 

コートニーは90年代語る上で重要なんですけど、なんかすごく裏っぽくなっちゃうんですよね。映画も「ラリー・フリント」「マン・オン・ザ・ムーン」ですごく印象に残る仕事をしてるんですけどね。

 

author:沢田太陽, category:個人話, 19:20
comments(0), trackbacks(0), - -
年間ベストアルバムのトップ10選んだ!

どうも。

 

 

昨日、こないだ言ってたライブに行きました。これはまた後ほど。おそらく明日にでも。

 

 

そして、これもこないだ話したことですが、年間ベスト・アルバムのトップ10、選び終わっています!

 

 

今回、自分でも何がトップに来るかわからなかったのと、トップ10に入れたいアルバムが12枚あって迷いました。一枚は、「不祥事発生につき」、不吉ナンバーの13位にしましたが、残り一枚がなかなか削れなかったので、全アルバムを聴いて選びました。その結果、トップ10から漏れたのが、かなり意外なアルバムになりましたね。

 

 

 ちなみに一枚外れたアルバムというのは11位ではありません。12位です。

 

 11位はトップ10選ぶ前から、これだけは最初から決めてました。つまり、こういうことです。

 

 

 「自分では、そこまでノレなかったけど、主観ゼロで完全に客観で選べば、本来これがベストだろう」

 

 

 それで選んだ、11位だけ、事前に公表しちゃいますね。これなんです。

 

 

 

 なんか「DAMN」って言葉も、トップ10からギリギリ漏れた感じでいいでしょ(笑)。

 

 まあ、前作、あの年の僕の1位だったので、許してやってください。

 

 いや、文句なく素晴らしいんですけど、「良いけど、彼の最高傑作ではないな」「僕は彼に歌やトラップは期待しないなあ」と思ったので、ここですね。

 

 

 残りの順位に関しては、12月に入ってから、50位からのカウントダウンで公表していきます。

author:沢田太陽, category:個人話, 19:39
comments(1), trackbacks(0), - -
アルバム From ワーストTo ベスト用に既に聴いてあるアーティスト一覧

どうも。

 

 

「ストレンジャー・シングス」は後2話のところまで来ました。もうすぐ見終わります。

 

 

今週はなんか、谷間ですね。テイラー・スウィフトのアルバムも出るといえば出るけど、ストリーミングが1週遅れるので、僕的には聴けるのはその時だし。そうでなければ、依然として海外エンタメ・ニュースはセクハラ問題がずっと続いている感じですね。

 

 

 僕も次の原稿や、来週見に行くミニ・フェスの予習をしている段階なのですが、閑話休題で、最近おやすみ中の、というか、本当は今やればいいのに(笑)、From ワーストToベストについて話しますね。

 

 

実は日常生活では、もう、これようにかなりのアーティストを聞いています。先月が書くネタが多かったのと、今月が仕事の原稿で忙しいので延びちゃってますけど、そのうちやるつもりです。

 

 

で、これまで「企画は立ててあったんだけど、実行せず」におわってるアーティストが結構な数ありますので、教えておきますね。こんな感じです。

 

ブラック・サバス

トゥパック

ジェイZ

トッド・ラングレン

クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ

ヴァン・モリソン

ポール・マッカートニー

U2

ロバート・プラント(ソロのみ)

ビヨーク

PJハーヴィー

モリッシー(ソロのみ)

 

 

 これらのアーティストに関して言えば、実は行こうと思えば行けます。貯めすぎですよね(笑)。

 

 やるとしたら、今の気分ならPJハーヴィーかな。来週見に行くライブ、彼女なので。モリッシーも新作前に聴いてるんですけど、聞き出したら、すごくハマってます。

 

 

 あと、今後、やってみたいアーティストをリストアップしておきますね。

 

エルトン・ジョン

ディープ・パープル

ニール・ヤング

 

この辺りもベスト盤や新作が出るからですね。実はディープ・パープルが先週3枚組のベスト盤を出しているんですけど、これがすごくいいというか、全時期において選曲が完全平等なんですよね!ここ20年の、リッチー・ブラックモアのいない、大人のサイケ・ハードロックみたいな路線から8曲、初期のサイケバンドだった頃から6曲と、彼らが本来、「こう理解されてほしい」と思っているのかな、と思える選曲してて興味深いです。

 

 

 あと、個人的には、メタル関係、プログレ関係で3アーティストくらい聞きたいのと、パンク/ニュー・ウェイヴ期が特に大好きなので、こっちはかなり正確に掘り下げて研究したいなあと思っているところだったりもします。

 

 

 さて、次は何かな。

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 18:38
comments(0), trackbacks(0), - -