RSS | ATOM | SEARCH
モヤモヤした気持ちは続く

どうも。

 

 

いや〜、こないだから何回か触れてますが、ブラジルの大統領選、ヤバいです。「ブラジルのトランプ」と呼ばれている大統領候補が勝ちそうでね。さらに言うと、トランプより無能で、トランプより信者が洗脳されていてさらに凶暴なだけに、本当に不安ですよ。

 

 

なんでそれが起こってるのかというと、世間が、汚職で政権追われた左翼政党の候補が依然として人気があってですね、それを恐れた人たちがパニックになって阻止しようとしてるからなんですね。その左翼政党って、別に圧政敷いていたわけでもなんでもなく、汚職捜査も警察に寛容にやらせていたら足元すくわれちゃったんですけどね。まあ、確かに汚職の内容、よくなかったことは確かなんですけど、だからって、

 

 

汚職追求する側が、女性蔑視や反LGBT叫んだり、リベラル側の主張をする人にネットや、時には肉体的暴力働いたりするのはいかがなものなのかと。

 

 

 行われていることが、とにかく矛盾もいいところです。だいたい、支持者が大統領候補を「デウス」「メシア」とか呼ぶんですよ。そのこと自体が「???」です。安倍首相に対してそんなこと、されてます?僕は少なくとも聞いたことないんですけどね。

 

 

 まあ、落ち着いて対処しようかとは思うんですけどね。「南米のヒトラー」とは実際にもうイギリスとかアメリカのメディアとかでも言われ始めてるんですけど、あまり、事実より先に不安だけが先んじても逆に足元すくわれるので、自分自身の現実で考えてどうかで冷静に対処しようかと思ってます。現実的なとこで怖いのは「子供の教育への介入」と「ゲイの友人」のことですけどね。その範囲内であるうちは大丈夫かとも思いますが。

 

 

このブログの今週から来週ですが、映画評2本、やるつもりです。そして

 

 

 

これ見るために、過去の「スター誕生」見ないとなあ、と思ってるとこです。

 

 

この、頭爆発してた時代のバーブラ・ストライザントのヤツね。ジュディ・ガーランドのヤツは大好きで何回か見てるんですけど、こっちは昔から知ってるのに未見だったりしますからね。

 

あと

 

 

来週日曜には、ニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズのライブ見に行くんですけど、これが楽しみでね!見るの、98年のフジロック以来ですからね。年輪重ねるたびにビッグになっていくカリスマですからね。すごく楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 21:14
comments(0), trackbacks(0), - -
6月の大型企画の100枚選盤が(ほぼ)終わった!!

どうも。

 

 

本当は別のことを書く予定だったんですが、タイトルのことに時間を費やしている段階なので後回しにします。書く予定だったことは、そんなに急ぐ話でもなかったのでね。

 

 

で、前から言っている、このブログ上で6月にやる大型企画なんですが

 

 

それ用の100枚のアルバム、ほぼ、選び終わりました!!

 

 

なぜ「ほぼ」かというと、理由が2つあります。一つは101枚選んだから。もう一つは、1アーティストだけ、アルバムをどちらにするか完全に決めてないため。年間ベストみたいに1枚を「次点」扱いにして紹介するのか、1枚を差し替えて100枚にするか。盤で迷ってる同一アーティストの作品をどちらにするかは早めに決めます。

 

 

あと、Spotifyにもリストでアップする予定なんですが、こっちの方が時間かかるでしょうね。というのは、今回、ストリームされていようがいまいが、やっぱり紹介するには良い方を選びたかったから。なので、ストリームにないものも実は結構あります。それが15枚くらいかな。それの差し替えの盤も選ぶので、これが4月いっぱいまではかかるでしょう。

 

 

その企画が何になるかは、早ければ明日、教えましょう。ただ、まあ〜、大変でしたよ、これを選ぶの。何で2ヶ月かかったかは、知っていただければわかると思います。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 20:17
comments(0), trackbacks(0), - -
このブログ上での大型企画、進行中!

どうも。

 

 

今週、このブログでは、表向きには「ブラック・パンサー」祭でした。まあ、それに値する映画だとも思うんですが。

 

 

ただ、僕の生活上、実際に一番進んでいたのは、このブログ上で6月にやろうかと思っている、ある企画だったりします。

 

 

結構、大きな企画なんですが、今回のに関しては、他のメディアさんでやるのではなく、このブログ上でやろうかと思ってます。まあ、興味持っていただける方がどれくらいいるかもわからないのですが、一つだけ言えることは「こんなの、見たことない!」。それは確かだと思います(笑)。

 

 

 趣旨としては音楽で、このブログ上だと、去年の12月の年間ベスト・アルバム50枚以来の大きなものになります。準備進めてて、僕一人だけすごく盛り上がっていたりしますが(笑)、反響あればいいんだけどなあ。

author:沢田太陽, category:個人話, 21:06
comments(0), trackbacks(0), - -
メリー・クリスマス!

どうも。

 

 

今、こちらは24日の昼下がりです。これから夕方に家族とクリスマス・パーティをして、1日はゆっくりします。

 

 

日本と違って、こちらはクリスマスをすぎると活動が止まりますから年末のドタバタみたいなものがありません。静かにゆっくり過ごす感じです。このブログは何か毎日は書くし、最後に1本、総括的に大きなものを書くとは思いますが、ゆっくりはするでしょうね。

 

 

では、改めてメリー・クリスマス!今年はこの曲で。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 00:58
comments(0), trackbacks(0), - -
来年の春のライブの重要チケ、ゲット!

どうも。

 

 

年間ベストのSpotifyのリスト、すごくたくさんの人にフォローしていただいています。ありがとうございます。予想以上に反響あって嬉しいです。

 

 

僕の方はというと、年末ということで何かと忙しいですね。音楽はさすがにもう年内はそんなに情報ないので(と言いつつ、エミネムとかNERDは聞いてますけど。圧倒的に後者です)、各媒体の年間ベストで僕がちゃんと聞きそこなったものをフォローして聞いたりしてますね。あと、Spotifyをやりだしてから、ちょっと色々とプレイリスト作るのが楽しみになったりしています。

 

 

 あと、来年の3、4月に行くライブのチケットをゲットしていたりしています。こんな感じです。

 

 

 

こんな感じですね。なんか客観的に見たら、ものすごい暗い人みたいですけどね(笑)。これプラス、ロラパルーザが来年の僕の春のライブのラインナップですね。

 

 

でも、二つとも、もうメチャクチャ楽しみです!年月重ねるたびに惹かれるアーティストだし、両者とも最新作がすごく好きだったんでね。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 13:12
comments(0), trackbacks(0), - -
ウェブ・マガジンFuzeの90年代特集の原稿、書きました!

どうも。

 

 

現在、Fuzeマガジンというウェブ・マガジンで、90年代オルタナ特集をやっているんですが、僕もそこに「エンタメ年表」の文で参加しています。

 

 

こんな感じです。

 

「オルタナの生誕」は何を終わらせたのか? 1990-1992

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history01.html

 

 

オルタナティブは幻想だったのか? 1993-1995

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history02.html

 

 

オルタナの終焉で見えたモノ:1996〜1999

https://www.fuze.dj/2017/11/music-film-history03.html

 

 

 こんな感じですけど、今回のこの年表、いわゆるオルタナだけじゃなく、UKロックもヒップホップも、映画もアメドラもみんな入った歴史です。youtubeとspotifyでそれぞれのイメージがかなり明確になっているんですけど、これを諸々見てるだけで結構興奮してきます。僕が生きて体験した中では、やっぱこの90年代、とりわけ1991年から96年、あるいは97年くらいは最も刺激ありますね。

 

 

 あそこにあるのでだいたい、あの頃のいちばん尖っていたカルチャーはわかると思うんですが、一つだけ、文章の流れの中でどうしても入れにくく入らなくて悔しかったものがあったので(笑)、入れさせてください。

 

 

 

コートニーは90年代語る上で重要なんですけど、なんかすごく裏っぽくなっちゃうんですよね。映画も「ラリー・フリント」「マン・オン・ザ・ムーン」ですごく印象に残る仕事をしてるんですけどね。

 

author:沢田太陽, category:個人話, 19:20
comments(0), trackbacks(0), - -