RSS | ATOM | SEARCH
「非英語圏の国の101枚の重要なロック・アルバム」という企画をやります!

どうも。

 

 

昨日、言ってた6月の企画、この投稿のタイトルの通りです。

 

 

Spotifyにはこういうタイトルをつけてプレイリストに出す予定です。

 

 

101 Essential Rock Albums Of Non-English Speaking Countries By Taiyo Sawada

 

 

こんな感じで行きます!

 

 

 これ、何でこれをやろうかと思ったかというとですね、「6月のワールドカップ・サッカーに合わせた企画をしたい」とは年明けから思ってたんですね。で、やるんなら、ワールドワイドな企画の方がいいと。でも、何をしたら良いかはわからなくて、漫然と、僕が自分のストリーミング・サービスで集めていた、いろんな国のロックのクラシック・アンセムを聞いてたんですね。そうしたら

 

 

「もしかして、100枚くらいだったら、全世界の、英語が母国語じゃない国のベスト集を選べるかも・・」

 

 

と、2月に思いついたんですね。

 

幸いにして僕は、この数年で、いろんな国の、その国のローカル・ミュージックの独自のオールタイム・リストを持っていた(ほとんどがその国のローリング・ストーンのオールタイム・リストだけど)し、それでかじってちょっと勉強もしてたんですね。あと、やっぱり南米居住者なので、南米のロックの歴史とかなら普通の人よりは知ってる自信もあったし。あと、映画史からの興味で東欧のポップ・カルチャーとかも少し掘ってたりとか。あと60sのガレージ・ロックのコンピレーション・アルバムがワールドワイドな意識が強く(日本のGSも対象に含まれています)て、そこで覚えた、「えっ、こういう国にもビートルズやストーンズの影響が!」なんて驚いたこともあったし。

 

 

 そこに加えてですね、随分前から、僕にはこういう意識がありました。

 

 

 なんでいわゆる「ロック史」と言われるものって、アメリカとかイギリスの視点によるものばかりなんだろう??

 

 

 これが結構、不満だったんですね。だって、日本だって、固有のロックの文化が、それこそ1950年代からあるわけじゃないですか。せっかく才能があるのに、イギリス人やアメリカ人に生まれなかったために知られないままでいる日本人の才能だっていっぱいある。そういうの寂しいなと思ってたんですね。で、ブラジルで住み始めた時も、ブラジルのアーティストに対して同じように感じていて。だから、「そういう世界中の知られていない才能をひとまとめにして紹介する機会ってないのかな」と思ってたんですね。

 

 

 そうしたらyoutubeが出てきて、さらにはSpotifyとかのサブスクリプションのストリーミング・サービスが出てきたことで、リサーチすることさえできたら、これまでのレコード店だけの音楽体験ではできなかったような、これまでだったら、およそ聞くことさえ考えてなかったような国のアーティストの音源まで、聞こうと思えば聞くことができる、それって素晴らしいことだと思ったんですね。

 

 

 僕がこういう風に考えるようになったのは、僕の80年代の育ち方が大きいのかもしれません。その頃って、チャートが比較的ワールドワイドなものを紹介する時代で、アメリカやイギリスのものだけじゃなくて、オーストラリアとか、ドイツとか、北欧のものとかがアメリカのシングル・チャートでも流行って、さらにワールドミュージックのブームでアフリカのアーティストが知れたり、共産圏の崩壊でソ連のロック・アーティストがワールド・デビューしたり。その体験によって「ああ、世界中にポップ・ミュージックのシーンってあるんだな。僕らが知らないだけで」と漠然と思っていたのが大きかったかもしれません。

 

 

 それで、時間かけて選んでみたんですね。そしたら2月中に仮の100作が出来上がったんです。でも、実際に聞いてなくて、ただ印象で「良さそう」と思って選んだものも中にはあったから、「この仮の100作のアルバム、全部フルで聞いてみよう」として、それで3月から4月の今まで時間がかかったんですね。そしたら案の定、2割近くは代わりましたね。なんとか100枚、揃いました。

 

 

で、なんで今回、101作になったかというとですね

 

 

100枚選んだ時点で、31国から選んでいたことがわかったから

 

そこで思ったんですね。「ああ、あともう1国から1枚選んだら、32か国でワールドカップの出場国数と同じじゃん」と。

 

 

そしてタイミングのいいことについかの1国をすぐに思いついたので、何かを削ろうとしたら、これが削れなくて(笑)。で、よくよく考えたら、ここ数年でている本で「見るべき501本の映画」とか「死ぬまでに聴きたい1001曲の曲」みたいな本もあったので、「じゃあ、101枚のアルバムでいいじゃないか」と思ってそうしました。

 

 

それでですね、いざ選んだら、すごく驚くことにバランスが良くなったんですね。時代的な枚数配分がこうなりました。

 

60s 21枚 70s 21枚 80s 21枚 90s 21枚 2000年以降 17枚

 

これは自分でもちょっとビックリしてですね。だいたい、全世界を対象にしてアルバム選んで、ベストなものなんて選びようがない(それは実は今もそう思っている)のに、こんなにうまい具合に選べることってないから、もう、これで行っちゃおうと思いました。

 

 

 ちなみに、1国につき、アルバムの上限は10枚にしています、一番多かったのはフランスで10枚行きました。実は2番目に多いのが日本とブラジルで9枚です。その辺りは多少、贔屓してるかもしれません(笑)。8枚のドイツとスウェーデンの方が多い方がいいかもしれないですけど。

 

 でも、イタリア7枚、メキシコとスペインが5枚とかです。こういう国よりは国際進出したアーティストなら日本やブラジル、多いだろと思って「よし」としてます。実際、両国とも、国内アーティストによるマーケットもかなり大きいし、良いのではないかと。

 

 

 そんな感じですね。スケジュールとしては、5月に何を選んだかを発表します。各国の代表選手がわかる頃にしようかと思ってます。で、6月のワールドカップま開幕の頃から101枚のレヴュー、全10回シリーズで編年体でやろうかと思います。まあ、こんな、他の人ならまずやらないであろう、そして、こんなことに興味を持つ人も果たしてどれだけいるのか僕自身、全く見当もつかないんですけど(笑)、まあ、思いついて作ったのならやってみようかと思いまして。

 

 

 まあ、そんな感じですね。

 

 

author:沢田太陽, category:非英語圏のロック・アルバム, 14:41
comments(0), trackbacks(0), - -
6月の大型企画の100枚選盤が(ほぼ)終わった!!

どうも。

 

 

本当は別のことを書く予定だったんですが、タイトルのことに時間を費やしている段階なので後回しにします。書く予定だったことは、そんなに急ぐ話でもなかったのでね。

 

 

で、前から言っている、このブログ上で6月にやる大型企画なんですが

 

 

それ用の100枚のアルバム、ほぼ、選び終わりました!!

 

 

なぜ「ほぼ」かというと、理由が2つあります。一つは101枚選んだから。もう一つは、1アーティストだけ、アルバムをどちらにするか完全に決めてないため。年間ベストみたいに1枚を「次点」扱いにして紹介するのか、1枚を差し替えて100枚にするか。盤で迷ってる同一アーティストの作品をどちらにするかは早めに決めます。

 

 

あと、Spotifyにもリストでアップする予定なんですが、こっちの方が時間かかるでしょうね。というのは、今回、ストリームされていようがいまいが、やっぱり紹介するには良い方を選びたかったから。なので、ストリームにないものも実は結構あります。それが15枚くらいかな。それの差し替えの盤も選ぶので、これが4月いっぱいまではかかるでしょう。

 

 

その企画が何になるかは、早ければ明日、教えましょう。ただ、まあ〜、大変でしたよ、これを選ぶの。何で2ヶ月かかったかは、知っていただければわかると思います。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:個人話, 20:17
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

 

では、全米チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(-)Nice For What/Drake

2(1)God's Plan/Drake

3(2)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

4(3)Psycho/Post Malone

5(5)Look Alive/BlocBoy JB feat Drake

6(6)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

7(7)Perfect/Ed Sheeran

8(-)I Like It/Cardi B feat Bad Bunny and J Balvin

9(9)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

10(15)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

 

 

イギリスに続いてアメリカでもドレイク1位です。

 

8位はカーディBがアルバム解禁とともに入ってきました。まだこの国ではストリームでのエントリー上限がないので、今週はいっぱい入ってます。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Invasion Of Privacy/Cardi B

2(-)America/30 Seconds To Mars

3(1)My Dear Melancholy(EP)/The Weeknd

4(5)The Greatest Showman/Soundtrack

5(3)?/XXXTentacion

6(7)Culture II/Migos

7(6)Black Panther/Soundtrack

8(2)The World Is Yours/Rich The Kid

9(8)Stoney/Post Malone

10(-)Total Xanarchy/Lil Xan

 

そのカーディBが1位です。聞いてみましょう。

 

 

 

これは正式なヴィデオ、見たいんですけどねえ。本当にいい曲。

 

 

カーディですけど、デビュー・アルバムは歴史に残るんじゃないかなと思えるくらいにいいです。女性を刺激するリリックと、どことなくトゥパックのそれを思わせる、天性にメロディックなライム・フロウ。しかも、トラップだけじゃなく、早くもいろんなタイプの曲に対応できていて、フィーチャリング抜きの曲の方でより強い才能が発揮できているのが素晴らしいです。今年の僕の年間ベスト・アルバム、かなり上位に入ることになると思います。

 

2位初登場はジャレッド・レトのバンド、サーティ・セカンズ・トゥ・マーズ。これも聞いてみましょう。

 

 

ジャレッド、映画で忙しいんでしょうね。MV話でテレビでのパフォーマンスのみですね。ただ、もう曲の方があまりにロックから乖離しすぎですね。悪い意味で、最近の子供の人工甘味料的なポップに迎合しすぎです。俳優業で忙しくなりすぎて、音楽のことまで頭回ってないんじゃないかな。アルバム自体は世界的に売れてますけど、これはかなり微妙です。

 

 

そして10 位ですが、早くも非常に悪名高い存在になっています。ラッパー、リル・ザンのデビュー・アルバム。これも聞いてみましょうか。

 

 

 

これは、僕、今年見た中で最もレヴューの内容がひどいですね。いわゆる「エモ・ラップ」「マンブル・ラップ」の潮流にメジャーが白人で便乗した感じなんですけど、ブーム自体が褒められたものじゃないのに、その便乗じゃ、そうなるのも無理ないですよね。しかも「Xan」って、リル・ピープを結果的に殺したクスリ『Xanax』のこと?だとしたら、そこからして悪趣味ですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 13:11
comments(0), trackbacks(0), - -
Beychellaにケンドリックのピューリッツァーに

どうも。

 

 

週末から週明けにかけて色々ありましたね。

 

 

 

まずは「ベイチェラ」との異名まで付いちゃったビヨンセのコーチェラのステージね。これ、映像の断片と写真を諸々みましたけど、まあ〜、これはすごいですね。自分が5万人以上のアリーナでやってるようなことをフェスで再現したんだから、そりゃすごいです。

 

 

しかもデスチャの再結成あり、ジェイZやソランジュとの共演ありって、演出規模に関してはスーパーボウル並みですからね。それでいて、彼女らしいBlack Lives Matterのメッセージもちゃんとあってね。

 

 

 彼女の2016年の「Lemonade」で僕が強く感じたことなんですけど、マイケル・ジャクソンが「スリラー」でやったこととほぼ同義のことをやっていますね。「黒人のエンターティナー」としての誇りを持ちながら、白人の先進クリエイターの要素も積極的に取り込んで、それを融和させ、音と映像を駆使して一大スペクタクルの次元にまで高める。ちょうど今年、「ブラック・パンサー」が同じようなヴァイヴを放ってもいたわけで、すごくタイムリーだったと思いますね、これ。

 

 

 コーチェラというイベントに関しては、やや疑問もあったりするわけ(というか、主催者、極右共和党議員の献金スポンサーなのに、よくあんなリベラルな演出、認めるよね。あと、客のマナー低下の苦情の話も今年はよく聞いた。あと前にも書いたけど、出演ラインナップのバランスはやっぱよくない)ですけど、集まった人の思い出をビヨンセで染め上げるくらいのパワーがありますね、これ。

 

 

 あと、月曜日には

 

 

ケンドリック・ラマーがピューリッツァー賞を受賞しました!

 

受賞したのは文学賞ではさすがになくて、音楽賞でしたけど、でも、この賞の音楽賞って、クラシックとジャズしか受賞したことないから、やっぱりこれは快挙でしたね。歴史に新しい道を切り開いたわけです。

 

 しかしまあ、フジロック、今年のヘッドライナーはノーベル賞とピューリッツァー賞の受賞者が務めるという、非常に格式の高いものになりました!すごく貴重ですよね、これは。

 

 

 ・・と、こうしてビヨンセとケンドリックが黒人の文化史的に名を残す偉業を達成したことを考えると、やっぱり

 

 

4年連続で最優秀アルバム、この2人にあげなかったグラミー賞って一体なんなの!!

 

 

・・って、思っちゃいますよね。少なくともそのうちの3年は、この2人に賞が行ってよかったと思いますもん。こういう偉業が成し遂げられた後に「ああ、あの時に上げておけば」では本当に遅いんですよね。

 

 

 本当はこの裏で「ロックの殿堂」の表彰式があって、ボン・ジョヴィがリッチー・サンボラとアレック・ジョン・サッチ迎えてパフォーマンスやったりもしてるんですが、なんか完全に隠れてしまいましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:音楽ニュース, 14:09
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

手短に行きます。全米映画興行成績。

 

 

1(-)Rampage

2(1)A Quiet Place

3(-)Truth Or Dare

4(2)Ready Player One

5(3)Blockers

6(4)Black Panther

7(10)Isle Of Dogs

8(5)I Can Only Imagine

9(6)Tyler Perry's Acrimony

10(11)Chappaquiddick

 

 

初登場で1位になったのは「Rampage」。ドゥウェイン・ジョンソン。売れっ子ですね。「ジュマンジ」に続いて4ヶ月ぶりに主演作が首位復帰です。内容もなんかそれっぽいですが、これはヴィデオ・ゲームを映画化したもの。「ジュマンジ」は劇中のヴィデオ・ゲームに自分が入り込む話でしたから、なんかイメージ近いですよね。ここで彼は巨大な動物たちと遭遇するようですよ。

 

これ、1週目の週末を3400万ドルとなかなかの成績をあげたんですが、評判は良くありません。Metacriticで45点、Rottentomatoesで50点です。

 

 

3位初登場はスーパーナチュラル・ホラー「Truth Or Dare?」。こちらはCWの青春サスペンス「Pretty Little Liars」のヒロインだったルーシー・ヘイルを主役に起用しています。でも、彼女ももう28なんですけどね。ここでは大学生のユーチューバーを演じ、次々と超常現象に遭遇していく話です。

 

ただ、これも評判は悪いです。Metacriticで38点、Rottentomatoesに至っては15点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 10:34
comments(0), trackbacks(0), - -
ミロシュ・フォアマン死去 「カッコーの巣の上で」「アマデウス」生んだチェコの才人監督

どうも。

 

 

今日はこの訃報を語らないわけにはいきません。

 

 

ミロシュ・フォアマン監督が亡くなってしまいましたね。85歳でした。

 

僕がまだ子供から大人になるくらいにかけて、ミロシュ・フォアマンと言ったら大物でしたね。やはり

 

 

 

「カッコーの巣の上で」と

 

 

 

「アマデウス」を監督した人ですから!

 

 

オスカーの作品賞に2回輝き、しかもそれがオールタイム・ベスト映画みたいな企画で確実に上位に入る作品になっている。文句なしに実力派の監督ですよ。

 

 

 僕もこの監督は、よく主題としがちなところの、「”狂人”と思われがちな人の本当のところ」を描くのが名人級にうまかったのですごく好感を抱いていたものです。

 

 

 僕の場合は、これもありましたしね。

 

 

 

アメリカのポルノ雑誌王の波乱万丈の人生を「ナチュラル・ボーン・キラー」で注目を浴びた後のウディ・ハレルソンで描いた「ラリー・フリント」

 

 

 

70年代の伝説の破天荒コメディアン、アンディ・カウフマンの一生をジム・キャリーの主演で迫った「マン・オン・ザ・ムーン」。この主題そのものが90年代のオルタナティヴ・カルチャー的でカッコよかったんですよね。ラリー・フリントもこれも両方ともに主人公の相手役がコートニー・ラヴで、この映画に至ってはタイトル曲を始め、REMが音楽重要な役割も果たしましたしね。「ああ、この人の、人間の狂気性の主題って、90sのオルタナにも通じるところがあるのか」と思って、当時、すごく嬉しく感じながら見たものです。

 

 

 この人は、キャリアの割に作品数はそれほど多くなかったりする、あるいはちゃんと紹介された作品の数が少なかったりするからなんですが、その理由の一つが、彼が東欧の出身でハリウッド進出が遅い年齢だったからなんですね。この人、出身自体は東欧のチェコで、30代後半の60年代いっぱいくらいまではチェコで映画を作っていました。

 

 

 で、後で僕が映画史を掘り下げる作業を覚えた頃、2000年代の終わり頃ですね、その時に知ったんですが、フォアマンは60年代、

 

 

「チェコ・ヌーヴェルヴァーグを牽引する映画界のホープ!として見られていました!

 

 

 

一つがこの「ブロンドの恋」という映画

 

 

もう一つがこの「Fireman's Ball」という映画。のちのイメージと違って、すっごく60sのオシャレ・モードが強いコメディなんですよね。後者は共産圏での社会風刺もキツくて、そのせいで上映禁止にもなったようですけど。

 

 

チェコという国は、東ヨーロッパの中でも最もトンがった国だったみたいで、60sの若者カルチャーもかなり西欧にキャッチアップしてたみたいですね。何せ

 

 

 

日本でものちに渋谷系クラシックにもなった66年の映画「ひなぎく」が作られているくらいですからね。これはフォアマン作ではないんですが、共産圏の国において、ここまでエッジの強い、フランスのヌーヴェルヴァーグ的な映画が作られていたんだなと思うと、「ああ、スピリットがロックだなあ」と思って興味を抱かずには入られません。

 

 

実は僕、これがキッカケで、「この国は絶対に60年代にロックシーンがあったはず!」と思って色々調べたんですよ。そしたら、実際にそうで、この国とハンガリー。オーランドにはかなり規模の大きいシーンが存在しています。

 

 

 ちなみに、この当時のポーランド・ヌーヴェルヴァーグから出てきた監督がロマン・ポランスキーだったりもします。

 

 

 フォアマン監督の死は残念ですが、これをキッカケに、彼が生涯に残した映画がしっかり評価されることを願っています。

 

 

author:沢田太陽, category:訃報, 14:12
comments(0), trackbacks(0), - -