RSS | ATOM | SEARCH
映画「ルイスと不思議の時計」感想 今年のハロウィンに、ちょっと変なファンタジーはいかがでしょう?

どうも。

 

今日も映画評行きましょう。これです。

 

 

こないだの週末の全米興行1位でした。「The House With A Clock In Its Walls」、日本でも10月12日に「ルイスと不思議の時計」の邦題で公開されることになっています。こういうタイプが早めに公開されるということは、日本でもハロウィンがかなり根付いているということなんでしょうね。

 

 

 早速あらすじを見てみましょう。

 

 

 話は1955年。10歳の少年ルイス(オーウェン・ヴァッカーロ)が両親を亡くし、ミシガンにいるジョナサンおじさん(ジャック・ブラック)のうちに迎えられるところからはじまります。

 

 

おじさんは優しいんですが、何か変な感じです。

 

 

おじさんはフローレンス・ジマーマン(ケイト・ブランシェット)という、婚姻関係もなさそうなおばさんと二人でそこに住んでいましたが

 

 

この家は置いているものが変で、中でも壁には時計がコレクションしてあります。家具がひとりでに動き出すのも子供には奇妙でしたが、どうやらおじさんは魔法使いのようです。

 

 

一方、ルイスは学校では、親の形見で授かった大きなゴーグルメガネを肌身離さず持っているために変人扱いされます。そんな彼に、クラスの仕切り屋のタービーが話しかけてきます。タービーは「キミはあんな気持ち悪い家に住んでいるの?」と聞きますが、友達の欲しいルイスは「おじさんは魔法使いなんだぞ」と言って、彼の興味を引こうとします。

 

 

 

おじさんはルイスに次第に家の秘密を話しはじめます。それは、この家の持ち主がそもそもアイザック・イザード(カイル・マクラクラン)という、おじさんのかつての仲間の魔法使いのものだったのですが、彼がある頃から凶暴化し手に負えなくなっている間にアクシデントで死亡。おじさんはそれを譲り受けて生活しているのですが、この家自体がおじさんにも奇妙なため、絶えず点検をし、この家の秘密を探っているとのことでした。

 

 

 怖がるルイスでしたが、ある晩に夢に出てきたママの幻の言うことに従って、おじさんが禁じているあることをやったがために、恐怖を味わうことになってしまい・・

 

 

・・と、ここまでにしておきましょう。

 

 

この映画なんですが

 

 

1973年に発表された、この同名の児童ファンタジー小説が元になっています。設定が古いのはそのためなんですが、これを

 

 

今やB級ホラーの鬼才ですね。イーライ・ロスが監督をしています。彼と言えば、 彼自身の監督作もさることながら、タランティーノの「イングローリアス・バスターズ」での、ブラッド・ピットの戦隊の隊員での怪演も未だに印象に残っているものなんですが

 

 

そんなこともあり、かなり変な映画です(笑)!

 

 

これ、原作は「ハリー・ポッター」の原点がここに」なんて言われ方もされているカルト作のようなんですが、確かにハリーの持ってたダーク・ユーモアな部分は確かにルーツと言えるかもしれないんですが、

 

 

このルイスくんが変で、特に可愛らしくもないので、ハリーみたいな効果が期待できません(笑)。さらに言えば、ハーマイオニーみたいなキュートなキャラクターがいるわけでもない。ハリーだったらマルフォイだって、かなり嫌なヤツだけで、顔そのものは美形だったりするじゃないですか。そういう、「子供へのキュート・アピール」をあえてこの映画は削ってしまっています(笑)。

 

 

さらに

 

 

ジャック・ブラックも、まんま、いつものまんまのジャック・ブラックでしかありません(笑)。典型的な彼の役柄です。決してカッコいいわけじゃない。

 

あと、

 

 

 

怖いとこも、わりとしっかり怖いんです。これも、小さいお子さんが見るにはちょっと刺激が強いです。

 

 

 そういうこともあり、これ、「ハロウィンに子供客がメインの映画で、これでいいの?」と思える映画でもあるんです

 

が!

 

 

だからこそいい!

 

 

ぶっちゃけ、僕はかなり気に入ってます。

 

 

一つはこれ、イーライ・ロスの絶妙なバランス感覚ですね。「子供に見せるからなんだってんだ。手加減しねえぞ!」みたいなイキがった感じが見てて伝わるのがいい。子供に見せるから可愛く作ったら、逆に刺激がなくなってしまうし、子供だってそういうのに飽きてるかもしれないじゃないか。そんな彼の思いが伝わってくるようだし、さらに言えば「逆に、これの良さがわかるようなキミなら、かなりいいセンスしてるぜ」みたいな、挑戦的な突き放した感じがあるのが、かえってアピールになってる気がします。

 

 

そして、その意味でジャック・ブラックって、やっぱいい。まんま「スクール・オブ・ロック」なんですよね。大人社会から見たら社会に適応できない不器用なオッサンなんだけど、ユーモアのセンスも含めて子供にはすごくフレンドリーで、笑えるチャーミングなおじさん。そして、彼自身に子供に対しての深い愛が実はある。その意味で、今、一番子供向きな俳優さんかもしれませんね、彼。

 

 

 うちの息子のトムも一緒に見に行ったんですが、彼にとっては「ジュマンジに出てた面白い人」という感じで、実際に好感度あがってますね。近いうち「スクール・オブ・ロック」見せるタイミング近いかなと思います。

 

 

 あと素晴らしかったのはケイト・ブランシェットね。もう、誰もが認める、シリアスな演技での大女優さんですけど、いつもながらの演技ではあるんですが、ユーモアに富んだ演技もあの固く引き締まった顔の表情のまま柔軟に演じることができるのはさすが。今だったらさしずめエマ・トンプソンあたりがやりそうな役柄ですけど、”魔女”本来のちょっと怖いイメージも兼ね備えていることを考えれば、ケイトのこの抜擢、すごく良かったと思います。

 

 

・・と、こんな映画です。今年のハロウィンに一つ、いかがでしょう。

 

あと、この映画が仮に気に入った方は

 

 

 

原作を書いたジョン・ベラリスの他の作品にトライするのもいいかもしれません。一貫して、こうした濃いダーク。ファンタジーのようですので。

 

 

author:沢田太陽, category:映画レビュー, 19:45
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

 

1(-)The House With A Clock In Its Walls

2(3)A Simple Favor

3(2)The Nun

4(1)The Predator

5(5)Crazy Rich Asians

6(4)White Boy Rick

7(6)Peppermint

8(-)Fahrenheit 11/9

9(7)The Meg

10(8)Searching

 

 

初登場で1位は、一足早いハロウィン映画ですね。「The House With A Clock In Its Wall」、邦題は「ルイスの不思議な時計」。これは孤児になった小学生のルイスくんが、魔法使いのおじさんとおばさんの家に預けられ、そこで体験する奇妙な体験を描いたお話です。おじさんはジャック・ブラックでおばさんがケイト・ブランシェットです。

 

 これ、70年代に出てたカルトな児童文学の映画化で2500万ドルとなかなかの数字です。

 

 評判はこれ、まあまあです。Metacriticで59点、Rottentomatoesで68点。実は僕、これ、もう見てます。レヴューしようかと思ってるとこです。

 

 

8位初登場は「Fahrenheit 11/9」。これはかの名作ドキュメンタリー「華氏9/11」の監督マイケル・ムーアが2016年のトランプが大統領選に当選した11月9日を題材にしたドキュメンタリーです。

 

これはトロント映画祭で公開されたんですけど、Metacriticで69点、Rottentomatoesで77点と、ムーアの作品としてはやや低調な感じもしますね。

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 13:07
comments(0), trackbacks(0), - -
映画「Search/サーチ」感想 アジア系が主役の、もう一つのミステリーの秀作

どうも。

 

 

では、今日は映画レヴュー、いきましょう。

 

これから、僕の住んでるところでは11月にかけて毎週のように話題作が公開されていきます。その中にはレディ・ガガの「スター誕生」なども含まれてますが、日本時間の日曜か火曜にレヴューをアップできたらろ思っています。今日はこれです。

 

 

 

本国アメリカでも最近公開されて話題になった映画です。「Search/サーチ」(原題「Searching」)、こちらのレヴューいきましょう。

 

この映画はミステリー映画で、主演をアジア系のジョン・チョウ、彼は「スタートレック」などで顔なじみの人もいるかと思うんですが、彼がとうとうハリウッド映画の主演までたどり着いたことを示す映画でもあります。

 

早速あらすじから見てみましょう。

 

 

 

デヴィッド・キム(ジョン・チョウ)はシリコンバレーの街、サンホセに妻のパムと一人娘のマーゴットとともに生活していました。現在16歳に成るマーゴットは、生まれた時からコンピューターの最新型を持つのが好きなデヴィッドの影響もあり、家族の貴重な瞬間を写真や動画に収め、コンピューターやケータイを通じてコミュニケーションを図る生活をしてきました。

 

 

 

しかし、2015年に妻は癌で他界。これにショックを受けたデヴィッドとパムは、これまでのように日常の連絡をこのようにコンピューターやケータイで交わします。ただ、ある木曜日の晩、「友達のグループと生物の勉強をしてくる」と連絡して以来、パムは消息を絶ちます。

 

 

1日を経ても全く連絡がなくデヴィッドは心配になります。続く金曜、デヴィッドは心当たりのあるところに連絡を取りますが、学校は欠席、さらに、幼い頃から習っていたはずのピアノのレッスンを、マーゴットは半年以上前に止めていたことまで判明します。

 

 

デヴィッドは本格的な捜査を依頼しますが、探偵ローズマリー・ヴィック(デブラ・メッシング)が担当をすることになりました。デヴィッドと彼はマメに連絡を取り合い、彼女の指示に従って、マーゴットが持っていたSNSに、デヴィッドはパスワードを変えて入っていくことになりますが

 

 

 そこにはデヴィッドの知らなかったマーゴットの姿が映し出されていました。

 

 

マーゴットは、SNSを通じ、これまで聞いたこともなかったような人たちとコミュニケションをとっていたのでした。

 

 

マーゴット失踪事件はやがてテレビにも取り上げられ、全国的に有名にもなります。気ばかりが焦るデヴィッドはSNSの独自のサーチで見当をつけた怪しいと思える人物に迫り、喧嘩もふっかけるなど、行動もエスカレートしていきます。そして、事件は思わぬ方向へと進んでいき・・。

 

 

・・と、ここまでにしておきましょう。

 

この映画ですが

 

 

その昔、「ハロルドとクマー」という、B級おバカ・コメディがあって、これ、なかなか面白いんですけど、これのハロルドを演じていたジョン・チョウが、こんなシリアスなスリラーの主演を演じられるまでに出世したんだなあ、というのが、まずは一番の感想ですね。

 

 

愛する娘のために、我を忘れて必死に成る献身的な姿、これは熱演で、かなりの説得力があります。これを見るだけでも、まず、この映画、観る価値がありますが、

 

 

一番の魅力は、優れた脚本ですね!

 

 

 

まず、ミステリーに、コンピューターのこの15年の発展史を組み込み、「21世紀の最初の20年らしい」、最新の、世界のどこでも起こっている生活のリアリティを込めたのがいいですね。このように、話そのものがずっとコンピューター画面で進んでいくという手法もすごく新鮮なんですが、それが新しくもあり、かつ、今の世に自然。こうした「時代の変化」を取り入れていくことがいかに映画の脚本そのものに多様性を与え、「物語」というものをネタに尽きないものにし続けるか。その見本みたいな映画です。

 

 

 そして、話に文学性があるのもいいです。コンピューターやネットで四六時中、密に連絡を取り合うと、「プライヴェートがなくなる」みたいな錯覚にとらわれることもあるのですが、やはり人間のプライヴェートが完全にさらされるということはどんなにテクノロジーが発展してもなく、思わぬコミュニケーション・ツールで、ますますミステリアスでダークな秘密を持つに至る。こう言う現在社会の持つ危険性も、この映画は示しています。

 

 

 それから「これって、本当にあった事件なの?」と思わせるくらい、ニュースの取り上げられ方の様がすごくリアルでもあります。これに関しては僕も、「これって実話に基づいたものなの?」と思いましたからね。そんなニュースに対するSNS上での人々の反応のリアルさ、さらに、そうした人々の持つ浅はかな現金さ。こういうところもすごくうまく描かれています。

 

 

  さらに、まだ、あります。これ、ミステリーの基本でもある、話の逆転、再逆転の展開も見事です!ぶっちゃけ、ここだけでももう秀作として機能してるんですが、そこに加えて前述までの流れなので、かなり面白いことになっています。

 

 

 それにしても

 

 

 

 

「Crazy Rich Asians」がアメリカで興行収入で3種連続1位という、アジア系では異例の成功を収めたのと同じ時期に、アジア系の主演のハリウッド映画で、こんな力作も同時にリリースされている。なんか、そう考えると、すごく嬉しくもなりますよね。

 

 

author:沢田太陽, category:映画レビュー, 20:39
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

では、全英チャート、いきましょう。

 

SINGLES

1(1)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

2(2)Eastside/Benny Blanco feat Halsey&Khalid

3(3)I Love It/Kanye West feat Lil Pump

4(4)Body/Loud Luxury feat Brand

5(6)Happier/Marshmello feat Bastille

6(5)Taste/Tyga feat Offset

7(9)Lucky You/Eminem feat Joynor Lucas

8(14)In My Mind/Dynoro feat Gigi Dágostino

9(7)Girls Like You /Maroon 5 feat Cardi B

10(15)Electricity/Slick City feat Dua Lipa

 

 

上位、ほとんど動きないですね。

 

8位のディノロというのは、リトアニアのプロデューサーらしいですね。

 

10位にはドゥア・リパをフィーチャーしたシルク・シティのシングルが入ってきました。すごく真っ当なハウスって感じで、割とよくできた曲だと思います。

 

 

では、アルバムにいきましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)Kamikaze/Eminem

2(-)True Meaning/Paul Weller

3(2)The Greatest Showman/Soundtrack

4(4)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

5(5)Sweetner/Ariana Grande

6(6)Staying At Tamara's/George Ezra

7(7)Scorpion/Drake

8(-)My Mind Makes Noises/Pale Waves

9(-)7/David Guetta

10(-)For Ever/Jungle

 

エミネムは依然1位ですが、2位にポール・ウェラーが入ってきました。聞いてみましょう。

 

 

 

前作はソウルっぽい作風でしたが、今回は一貫してアコースティックでしたね。この人も本当に曲が早く書けるというか、ほぼ毎年新作出してますよね。今年で還暦なのに、すごいなあ。

 

8位初登場はペイル・ウェイヴス。聞いてみましょう。

 

 

 

The 1975の妹分ですね。いいんですけど、あまりにも本家の影がちらつくのが気になるんですよね。あと、アルバムで聴くと、すごく曲が多くて長いんですけど、そこもまんま本家です(笑)。ただ、The 1975自体がやっぱすごく曲が良質なので、楽しんでは聴けるんですよね。あとは、その影響下からいかに少しずつはみ出していくかでしょうね。本人たちに華はある分、期待してしまいます。

 

 

9位にはデヴィッド・ゲッタ、10位にはジャングルのアルバムが初登場しています。

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 20:29
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年のマーキュリー・プライズ受賞はウルフ・アリス!

どうも。

 

 

イギリスのクオリティの高いアルバムを讃える、恒例のマーキュリー・プライズの授賞式が20日に行われましたが、今年のウィナーは

 

 

 

ウルフ・アリスでした!

 

いや〜、これは個人的にはすごく嬉しい受賞でしたね。

 

ロックものの受賞は2012年のアルトJ以来。あのバンドは正直好きじゃないので(苦笑)、僕にとってはその前の年のPJハーヴィーの「Let England Shake」以来に「おお、ロックが受賞して嬉しい!」って感じの受賞でしたね。

 

やっぱり、ロック育ちとしては、このところ明るいニュースもなかったし、ちょっとでもこういうところで受賞とかあると嬉しいものですよ。

 

 まあ、とはいえ、今年はロック、とりやすかったんですけどね。というのも、今年はUKヒップホップで大きなものが特にあったわけでもなかったし、R&Bでもジョージャ・スミス。それだって、そこまでのインパクトがあったわけじゃなかった(アルバム出るまで期待してたんだけどなあ)し、ヤング・ファーザーズは過去に受賞済みで2度目の受賞を訴えるほどのものでもなかった。ジャズのサンズ・オブ・ケメットもあったけど、その他がほとんどロックものだったから、ちょっと今年は分が悪かったかな。

 

 

 ただ、その「ロックもの」のノミネート内容が正直いまひとつで、僕自身は今ひとつ乗れてはなかったんですけどね。これまでのアルバムの中では正直今ひとつだったフローレンスだとか、久々に良いアルバムではあったけど、年間ベストに食い込むほど良いとは思えなかったリリー・アレンとかですね。エヴリシング・エヴリシングのアルバムは過大評価だと思うし、ノエルはソロになってからではベストだったけどネーム・ヴァリューがありすぎて受賞はなかっただろうし、アークティックのあのアルバムは大好きなんですけど、一般的に賛否が割れてしまっていた。ただ、僕としては、それ以前にシェイムとレッツ・イート・グランマのノミネートがなかった時点で興味なくなっていたんですけどね。

 

 

 なので、「ウルフ・アリスかキング・クルール。評論家の好みで言えばキング・クルールかな」と思っていたんですけど、ウルフ・アリスでしたね。

 

 

 

このパフォーマンスもすごくいいですよね、ウルフ・アリス。エリー・ロウゼルってやっぱかなり華があるし、これだけ歌唱力の説得力もあるし。男性陣のサウンドのアイディアと演奏の安定力もあるしね。しかもまだ年齢的にも若いし。

 

 

 

ただ、これ、「パフォーマンス・ショウ」としてはクオリティ高いですね。「ザ芸能界」みたいな人が主導じゃないと、地味ではあるんだけど、ガチな見応えはかなりあります。このキング・クルールもそうだし

 

 

このEverything Is Not Recordedのセッションなんてゾクッとしますしね。ノミネートされてたアルバムよりこっちの方が断然印象いいです。

 

 

 

このナディーン・シャーなんて僕もよく知らなかったんですけど、すごくいいパフォーマンスです。これで彼女のことを気にする人も出てくるんじゃないかな。

 

 

 

BBCの名物パーソナリティ、アニー・マックの紹介で出てきたアークティックも、もはや貫禄ですね。アレックス、髪型はアレですが(笑)、歌はこの人、本当に上手くなってますね。来年、どうやら見れそうなんですが、すごく楽しみですね。

 

 

フロは、アルバムの内容はともかく、やはりパフォーマンス能力の高さと、この「Hunger」って曲のキラー・チューンぶりは光りますね。この曲に関して言えば、今後の彼女のライブセットのかなり重要な曲になってくるでしょうね。

 

 

 こんな感じでこれ、アワードそのものよりもパフォーマンスも気になるイベントになってますね。

 

 

 

author:沢田太陽, category:アワード, 19:30
comments(1), trackbacks(0), - -
2018年のエミー賞総括

どうも。

 

 

今年のエミー賞のまとめを話しましょう。今年は月曜開催というのが大失敗でしたね。そのために、盛り上がりに欠けてしまいました。視聴率もかなり落ちたようです。僕も忙しい最中だったから、今年はレッドカーペット出来ませんでした。あれ、やらないと「今年はやらないのか」とかって書き込みがあるので、極力やりたいんですけどね。

 

 

ただ、そんな中、今年の話題は

 


 

コメディ部門での「マーヴェラス・ミセス・メイゼル」の圧勝ですね。ゴールデン・グローブでも強かったこの作品ですけど、主演のレイチェル・ブロスナン始め、受賞独占状態でしたね。

 

 

このコメディのクリエイターは、この人、エイミー・シャーマン・パラディーノなんですが、変な感じでしょ(笑)。非常にクセの強い人ですが、とにかく「ギルモア・ガールズ」以来、カルチャーへの深い造詣とユーモア、それに対するクレヴァーな女性たちの人生、これを描かせたら天下一です。本当に、一度見ることをお勧めします。

 

 

この「ミセス・メイゼル」の圧勝で「アチランタ」が無冠に終わったのもすごく残念だったんですが、ドナルド・グローヴァー、話題を作っています。「アトランタ」のシーズン2で、ドナルド自身が演じていたと思われていた白人の奇妙なキャラクター、テディ・パーキンスが会場に現れたんですが、このようにドナルドと一緒にツー・ショット。これにより、「一体、テディ・パーキンスは誰なんだ?」というのが今、ネットでかなり話題になっています。このエピソードも、ちょっと猟奇ホラー的でかなりコメディとしては実験的なので、一度見てみてください。

 

 

 そしてドラマ部門を制したのは「ゲーム・オブ。スローンズ」。ティリオンことピーター・ディンクレージもステージに立ちました。久々の助演男優賞の受賞です。今年は対抗馬の「ハンドメイズ・テイル」に加え、それよりもむしろ強かった「ザ・クラウン」や「ザ・アメリカンズ」もかなり追い上げていて、放送が昨年と日時が古かったGOTが不利なのではという声があったんですけど、逃げ切れる力はやはりすごいですね。僕は全くもって文句なしです。

 

 

 

そしてリミテッド・シリーズでは「アメリカン・クライム・ストーリー」のジャンヌ・ヴェルサーチ殺人事件が選ばれています。これはその前のOJシンプソンの疑惑に続く、近過去のルポルタージュ・ドラマとして、かなりの完成度の高さですね。このシリーズがどこまで続くかも見ものです。

 

 

 

 

ただ、なんといっても、ハプニングはこれですね。

 

バラエティ監督賞を受賞した、オスカーの授賞式の演出家、グレン・ワイスが、長年の恋人に対し、「私のガールフレンドに・・いや、これからはワイフと呼ぶことにしよう」と言って、突然ステージでプロポーズをはじめ、会場大盛り上がり(笑)。しかも、その前に、数週間前に彼のお母さんが亡くなったことも話してて、その形見の指輪をプレゼントするという。さすがは、エミー受賞する演出家だな、これもまたすごい才能だなと、思いましたね。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:アワード, 20:33
comments(0), trackbacks(0), - -