RSS | ATOM | SEARCH
停電につき

どうも。

 

 

すみません。アパートが停電になってしまって、更新できるタイミングを失ってしまいました。

 

 

今、別の原稿で締切前なので、ちょっとそちらを優先しないといけないのですが、そっちも出来ずにむなしい停電です。

 

 

週明けまではちょっと忙しい感じですね。早くライブ・レポもあげたいんですけどね。

author:沢田太陽, category:-, 21:52
comments(0), trackbacks(0), - -
停電につき

どうも。

 

 

すみません。アパートが停電になってしまって、更新できるタイミングを失ってしまいました。

 

 

今、別の原稿で締切前なので、ちょっとそちらを優先しないといけないのですが、そっちも出来ずにむなしい停電です。

 

 

週明けまではちょっと忙しい感じですね。早くライブ・レポもあげたいんですけどね。

author:沢田太陽, category:-, 21:51
comments(0), trackbacks(0), - -
年間ベストアルバムのトップ10選んだ!

どうも。

 

 

昨日、こないだ言ってたライブに行きました。これはまた後ほど。おそらく明日にでも。

 

 

そして、これもこないだ話したことですが、年間ベスト・アルバムのトップ10、選び終わっています!

 

 

今回、自分でも何がトップに来るかわからなかったのと、トップ10に入れたいアルバムが12枚あって迷いました。一枚は、「不祥事発生につき」、不吉ナンバーの13位にしましたが、残り一枚がなかなか削れなかったので、全アルバムを聴いて選びました。その結果、トップ10から漏れたのが、かなり意外なアルバムになりましたね。

 

 

 ちなみに一枚外れたアルバムというのは11位ではありません。12位です。

 

 11位はトップ10選ぶ前から、これだけは最初から決めてました。つまり、こういうことです。

 

 

 「自分では、そこまでノレなかったけど、主観ゼロで完全に客観で選べば、本来これがベストだろう」

 

 

 それで選んだ、11位だけ、事前に公表しちゃいますね。これなんです。

 

 

 

 なんか「DAMN」って言葉も、トップ10からギリギリ漏れた感じでいいでしょ(笑)。

 

 まあ、前作、あの年の僕の1位だったので、許してやってください。

 

 いや、文句なく素晴らしいんですけど、「良いけど、彼の最高傑作ではないな」「僕は彼に歌やトラップは期待しないなあ」と思ったので、ここですね。

 

 

 残りの順位に関しては、12月に入ってから、50位からのカウントダウンで公表していきます。

author:沢田太陽, category:個人話, 19:39
comments(1), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

SINGLES

1(1)Rockstar/Post Malone feat 21 Savages

2(2)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

3(3)Bodak Yellow(Money Moves)/Cardi B

4(10)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

5(5)Thunder/Imagine Dragons

6(4)1-800-273-8255/Logic feat Alessia Cara

7(5)Feel It Still/Portugal The Man

8(11)Perfect/Ed Sheeran

9(12)What Lovers Do/Maroon 5 feat SZA

10(9)Mi Gente/J Balvin &Wily William feat Beyonce

 

 

 

ALBUMS

1(-)The Thrill Of It All/Sam Smith

2(-)Red Pill Blues/Maroon 5

3(3)Heartbreak On A Full Moon/Chris Brown

4(-)Texoma Shore/Blake Shelton

5(4)Without Warning/21 Savage,Offset&Metro Boomin

6(1)Live In No Shoes Nation/Kenny Chesney

7(-)Unapologetically/Kelsea Ballerini

8(-)Sweet Southern Sugar/Kid Rock

9(5)Stoney/Post Malone

10(8)Divide/Ed Sheeran

author:沢田太陽, category:全米チャート, 09:11
comments(0), trackbacks(0), - -
明日、PJハーヴィーとフェニックス、見てきます

どうも。

 

 

明日、またライブに行きますが、こんな感じです。

 

 

 

この毎年行ってるインディなイベント、ポップロード・フェスティバルです。

 

 

僕が断然見たいのは

 

 

PJハーヴィーですよ!!

 

ぶっちゃけ、彼女でチケット買ったようなものです。楽しみで仕方がないです。

 

あと、ヘッドライナーがフェニックスで、他にもドーター、ネオン・インディアンと楽しみなアクトが目立ちます。

 

ブラジル国内組のバンDお2つも今回はすごくいいので、オープニング・アクトから気が抜けない状態です。

 

 

また、レポしますね。

 

 

author:沢田太陽, category:-, 19:54
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

ワールドカップ予選でイタリアが敗退して軽くショックです。まあ、今の戦力だと、勝ち抜いたとしても、そこまで上位に行くとは思ってはいなかったけど、それにしても勝ち抜けないほどにまでなってたとはなあ。「いて当たり前」の馴染みの人気チームがいないのは寂しいものです。

 

 

では、遅くなりましたが、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

 

1(-)Thor; Ragnarok

2(-)Daddy's Home 2

3(-)Murder On The Orient Express

4(2)A Bad Moms Christmas

5(3)Jigsaw

6(4)Tyler Perry's Boo2 A Madea Halloween

7(5)Geostorm

8(8)Blade Runnner 2049

9(6)Happy Death Day

10(11)Lady Bird

 

相変わらず「マイティ・ソー」が強いですね。

 

そして2位初登場は「Daddy's Home」。これはウィル・フェレルとマーク・ワールバーグのコンビによる、2人のパパのドタバタ・コメディ。今回は、彼らの父親役としてメル・ギブソンやジョン・リスゴーが参加します。

 

僕はウィル・フェレルの大ファンなんですが、前作が本当にダメダメで、まさか第2弾があるとも思っていなかったんですが、これが大人気でして、この週、なんと3000万ドルを超えてます!なんでだあ〜。

 

ただ、批評はとことん悪いです。Metacriticで30点、Rottentomatoesで16点。見に行くかどうかは迷ってます。

 

3位はあの70年代のオールスターキャストの名作、アガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」のリメイクです。

 

74年版にはアルバート・フィニー、ローレン・バコール、イングリッド・バーグマン、ジャクリーン・ビセットなどが出演していましたが、今回はペネロペ・クルス。ウィレム・デフォー、ジョニー・デップ、ジュディ・デンチなどが出演しています。監督は74年はシドニー・ルメットが勤めてオスカーにもノミネートされたんですが、今回はケネス・ブラナーが勤め、自らも出演していますね。

 

 これ、期待値は高かったんですが、批評はあんまり良くありません。Metacriticで53点、Rottentomatoesで58点。これだとあんまりそそられないかなあ。

 

 

 そして10位、これは注目の作品です。シアーシャ・ローナン主演の新作「Lady Bird」。これは、インディ映画のクイーン、グレタ・ガーウィッグが、なんと初監督をしたことで話題になっているんですが、シアーシャ扮する屈折した高校生の青春物語であるこの映画が、ものすごく大好評なんです。

 

 Metacriticで94点、そしてRottentomatoesでは100点満点ですよ!!

 

 いや〜、これは見たい!シアーシャは「ブルックリン」は本当に好きな映画だったし、グレタも役者として大好きですからね。こういうものがインディからひょこっと現れるのがスリリングな瞬間でもあるんですけど、これ、賞レースに絡むの、ありえますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 10:07
comments(0), trackbacks(0), - -