RSS | ATOM | SEARCH
映画「BPM ビート・パー・ミニット」感想 「LGBT映画の傑作!」・・と言いたいとこなんだけど・・

どうも。

 

 

今日、明日と、また映画評、行きましょう。今日はこれです。

 

 

これは話題の映画ですね。「BPM(ビート・パー・ミニット)」。こちらの感想です。これは去年5月のカンヌ映画祭に出展して、実質的な準優勝を意味するグランプリを受賞した映画です。しかも内容がフランスのLGBTということで、僕もこれ、かなり期待値の高い映画でした。さて、どんな映画なんでしょうか。

 

 

早速あらすじから見てみましょう。

 

 

舞台は1990年代初頭のパリ。ゲイのエイズ患者を中心に結成された啓蒙集団ACT UP(アクトアップ)は、国の保険省の治療薬の方針やキャンペーンの不徹底などに強い不満を感じ、ゲリラ的な抗議活動や啓蒙活動を展開していました。

 

 

 彼らの抗議のやり方は突発的で過激なものではありましたが、その中にはユーモアもありました。彼らのこうした作戦は、学校の教室みたいなところを借りて日々行われる会議場でした。

 

 

 

 時には、こうした感じで、パリのど真ん中でゲイ達がチアリーディングを行いながらキャンペーンをする、なんてこともありました。

 

 

 

その中でショーンは、屈指の論客として知られていた存在でしたが

 

 

 メンバーの一人、ナタンと恋に落ちていくことで、その後の人生が大きく変わっていくことになってしまいました・・

 

・・と、ここまでにしておきましょう。

 

 これはですね

 

 

 

2008年にカンヌでパルムドールを受賞したことで知られる「パリ20区、僕たちのクラス」で脚本を手がけたロバン・カンピヨの監督作なんですね。そういうこともあって話題性は高かったし、実際に今回のカンヌでグランプリも受賞。あと、オスカーの前哨戦の外国語映画賞で受賞することもありましたね。

 

 

 そういう風に実績が固められてしまうと、ましてやそれがLGBTという、社会の進歩性を推し進めたくなる題材だと、なおさらポジティヴに作品を見たくなるものではあるんですけど・・・、すみません

 

 

僕、正直、この映画は少し微妙でした・・。

 

 

 いや、もちろん最初は期待がメチャクチャ高かったんですよ。やはり

 

 

 

 エイズの認識を社会一般に高めるための活動をしている人たちの集団、というのは、話の題材として、かなり新鮮じゃないですか。だから、彼らが今から20年くらい前にどういう風な、ある意味、青春と呼んでもいいとさえ思うんですが、ほとばしる若さとともに、どう偏見や社会と戦って行ったのか。これだけで十分に映画や人間ドラマの題材になります。実際の話、僕は前半に関しては食い入るように見てて、勝手に「傑作の予感」を感じていたんですけど

 

 

 

このロマンスがなあ〜。

 

 

 そりゃ、ゲイとエイズを題材とした作品の中でロマンスが出てこない方が不自然だし、あるべきだとは思います。この2人による絡みのシーンもそりゃ美しくはあるんですけど、だけど、話の流れ上、「この愛が高まってしまったらどうなるか’・・」というのは、もう、台本見なくたって、もう自然と想像がつくじゃないですか。

 

 

 ストーリーは、その「予想」のまんま、いや、僕の予想以上に予想のつく方向性に進み、更に言うと、前半部にむしろショーンと同等かそれ以上だったキャラクターの出番が極端に減ってしまいます!

 

 

 だからですね、なんか2つの違う映画を前半と後半に分かれてみているような気分になっちゃったんですよね。「あれ、これ、前半部の意義、消えてない?」みたいな感じで。なんか社会派ドラマが突然メロドラマに切り替わったような、そんな違和感を感じるんですよね。あるいは、前半は導入でしかなく、通俗的な中身をパッケージを変えてみせようとした戦略みたいというか。そこにすごく物足りなさを感じたんですよね。

 

 

 あと、すごく先が読めるストーリーの割にすごく長い上に、最後の方が急にまた軌道修正を飛び込みでかけたみたいになっているのも、少なくとも僕の好みではなかったです。

 

  

 まあ、それでも評判が良かった、というこちは「そんなこと気にせずに見なよ」ということなのかなあ。なんか今ひとつ、腑に落ちないんだけど。

 

 

 ただ、そういう良くも悪くもポップな味付けがされているがために話自体がすごく覚えやすくなっていることは認めます。でも、それと引き換えに、この映画がオスカーの外国語映画賞のフランス代表になっていたのに、最後のノミネート選考の8作品にも入れなかった理由もなんとなくわかりました

 

 

 これ、長い目で見て、どういう認知になるか。それも興味ありますね。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:映画レビュー, 11:40
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米チャート

どうも。

 

ビルボードの公式サイト、どうしたんでしょうね。更新されていません。

 

 

ただ、僕はちょっとした裏テクニックで最新情報がわかるようになっているので、トップ10の範囲内だけですが、行きます。全米チャートです。

 

 

SINGLES

1(1)Perfect/Ed Sheeran

2(2)Havana/Camila Cabello feat Young Thug

3(35)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

4(3)Rockstar/Post Malone feat 21 Savages

5(5)No Limit/G Eazy feat Cardi B and ASAP Rocky

6(4)Thunder/Imagine Dragons

7(6)Bad At Love/Halsey

8(7)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

9(-)Filthy/Justin Timberlake

10(8)MotorSport/Migos,Nicki Minaj&Cardi B

 

3位にブルーノ・マーズがカーディBを迎えた「Finesse」が入ってきましたね。こないだ紹介した「In Living Color」のビデオが楽しかったからか、このウケ方です。

 

そして9位は、待望、ジャスティン・ティンバーレイクの新曲です。ただ、僕、この曲は正直、期待はずれでしたね。「Sexyback」みたいなトンがった感じを狙ったんでしょうけど、あの曲はまだわかりやすいフックがあったから良かったものの、こっちは曲が複雑すぎて、どこがフックなのかがわからないから、これじゃノリにくいですね。コンビを組んだのはジャスティンにはおなじみのティンバランドですが、実は意外と長いことヒットのないティンバ。ちょっとカンが鈍ってる感じが出てしまったか。この曲は、先週はじめたばかりの僕の最新曲を集めたプレイリストにも当初入っていたんですが、数日で外れてもいます。

 

 

 ジャスティンのニュー・アルバムは2/2にリリースです。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman/Soundtrack

2(2)Divide/Ed Sheeran

3(4)The Beautiful&Damned/G-Easy

4(15)24K Magic/Bruno Mars

5(8)Stoney/Post Malone

6(3)Reputation/Taylor Swift

7(6)Revival/Eminem

8(5)Damn/Kendrick Lamar

9(9)Huncho Jack Jack Huncho/Travis Scott,Offset

10(12)The Thrill Of It All/Sam Smith

 

こっちでもブルーノが「Finesse」の影響で上がってますね。アメリカの場合、アルバムがシングル曲と連動になって売れやすくなってるから、こういうことが起きます。ストリーミングで、アルバムの人気曲中、上位の3曲のストリーミング数のカウントを行わないイギリスだと、こうしたアルバムの動きは起こりません。

 

 圏外の動きがわからないので、今回はこの辺で。

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 09:14
comments(0), trackbacks(0), - -
90年代をテーマにした新しいプレイリスト、作りました

どうも。

 

 

昨夜、クランベリーズのドロレス追悼で「Zombie」を聴いているうちに触発されてプレイリストを作りました。

 

 

例によって、Spotify内で検索していただきたいのですが、こんな名前です。

 

 

Our So-Called Alternative Rock Hits by Taiyo Sawada

 

 

 

テーマは「90年代のアメリカのロック系ラジオ局とMTVとSPIN」。まだ、あの国の音楽メディアがロックでヒット曲を作ってそれを文化にしようとしていた愛すべき時代です。ここがなかったら、その後の僕はなかった、とても重要な時代です。ジェーンズ・アディクションとかREMの登場くらいから時代が変わり始めてグランジがあって、多様な個性的なロックのサウンドが台頭した実りある時代です。

 

 

あと、このタイトルは、クレア・デーンズとジャレッド・レトが出ていた90sの伝説的なアメドラ「My So Called Life」にかけたものでもあります。これもすごく時代の空気感があるドラマというか、ジャレットがグランジ少年役で登場します。

 

 

 

 

まさに、この感じですね。クレアはこの直後に「ロミオ+ジュリエット」に主演してます。

 

あと、僕のブログの読者年齢層を知らないんですが、この年代、好きな層、潜在的に多そうな気もしてます。

 

では、よければぜひ!

author:沢田太陽, category:Spotify, 22:35
comments(0), trackbacks(0), - -
クランベリーズのドロレス・オリオーダン急死

どうも。

 

 

いやあ・・。これも本当にビックリというか・・・

 

 

クランベリーズのドロレス・オリオーダンが亡くなってしまいました。まだ46歳の若さだったんですよね。彼女は僕と世代が非常に近いことから1歳下なのも20数年前から知ってました。世に出てくるときが、ちょうど僕が音楽関係の仕事を始めたばかりの時でもあっただけに、「ああ、同世代が」と思わずに入られません。グランジ 〜ブリットポップ期のスターにはそういう思いを抱かずには入られませんが、彼女もその一人です。

 

 

 ドロレスのことを知ったのは、1994年の事です。前年に出したデビュー作がアイルランドから海を渡ってアメリカに届いた頃です。あの頃のアメリカはメディアがまだ若い新世代のバンドを時代の顔にしようとする気概があったものですが、クランベリーズもその中の一つでしたね。

 

 最初に知ったのはこれです。

 

 

 

 これですね。「Linger」、この時のドロレスの髪型が、「ギルバート・グレイプ」に出てた時のジュリエット・ルイスにそっくりで、すごく時代性というか、そういうの感じてましたね。この頃ちょうど、ビヨークやらPJハーヴィーやらコートニー・ラヴみたいなタイプの新しい女性アーティストがインディっぽいイメージで出てきていた時でそれがメインストリームになりかけてた時だったんですよね。

 

 

 

そのイメージはこのフェイ・ウォンの「恋する惑星」でクランベリーズの「Dreams」が印象的に使われた時も、そうしたエッジィな感じを与えていたものです。日本だと、この「Dreams」以降なのかな。巷でドロレスの声を耳にするようになったのは。

 

 

 

このウッドストック94もよく覚えてます。イメージとしては当時まだ出てきて間もない感じだったのに、もう、アメリカではかなりの支持があってオーディエンスの盛り上がりが凄いんだな、と言うのをテレビの生中継見て実感したのを覚えています。今日的にはグリーン・デイやレッチリ、NINで語られがちなウッドストック94ですが、ドロレスの姿も確実にありました。

 

 

そして、この年の10月にはすぐにセカンド・アルバムが出たんですけど、この最大のヒット曲の「Zombie」がとにかく長く売れて、さらに世界的にヒットしましたね。この時のドロレスのイメージってすごく突っ走りすぎるキャラというか。

 

 

 

 こういう風に坊主になっちゃったりね。この頃はまだ「アイルランドのシネイド・オコーナーの後継者」的なイメージもちょっと指摘されてもいましたからね。急にスポットライト当たったことでちょっと危うい雰囲気になってる時でもありましたね。

 

 

 ちょうどこの曲がヒットしている間にオーストラリアとかフランス、ドイツでも1位になったりしてるんですよね。英米よりもウケがいいくらいで。今回の死の騒ぎは南米でもすごく大きいんですけど、この時にワールドワイドな存在になってたんですよね。

 

 

 

 

そして96年、3rdアルバムも世界的にヒットしました。ただ、このアルバムが批評的にコケて、そこから間が空いたことで、快進撃がだいぶ鈍っちゃうんですよね。

 

 

 

このくらいまでギリギリ覚えてるんですが、この次のアルバムを持って1回解散します。

 

 

 その後、ドロレスも30代になってだいぶ落ち着いて

 

 

2000年代にソロやってた時はこんな感じでしたしね。

 

 

一番驚いたのは「ザ・ヴォイス」のアイルランド版で審査員やってた時ですね。この時は随分、イメージ丸くなったなと思ったものです。

 

 彼女はクランベリーズを再結成させて、ツアーも積極的にやってましたね。

 

 

 

去年には、こういう、セカンド・アルバムのジャケ写をパロったアンプラグドのアルバムも出していましたけど、これ見てもドロレス、随分落ち着いてたように見えてたんですけどねえ。

 

 

 今回、クランベリーズはレコーディングのためにロンドンに渡ってたそうなんですが、そこでの突然の死。一体何があったのか。

 

 

 やっぱり、本来なくなるべきタイミングでない時の突然の若い死というのは悔やまれますよね。しかもそれが、僕の音楽の思い出の中でいい時代のスターの一人がなくなると、やっぱり寂しいですよね。改めてご冥福をお祈りします。RIP。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:訃報, 07:13
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

今日はメキシコ料理を昼に食べ、そのあと、メキシコにちなんだ映画を見るという、コテコテなことをしましたが、それが的中してすごく楽しめました。その映画のレヴューも近いうちに。

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

 

1(2)Jumanji Welcome To The Jungle

2(15)The Post

3(-)The Commuter

4(2)Insidious : The Last Key

5(4)The Greatest Showman

6(3)Star Wars The last Jedi

7(-)Paddington 2

8(-)Proud Mary

9(5)Pitch Perfect 3

10(8)Darkest Hour

 

 

 今週も「ジュマンジ」が1位をキープ。これ、本当に大ヒット作になっていますね。

 

 

 2位に拡大公開で入ってきたのは「The Post」。これ、邦題は「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」と言います。日本では3月公開のようですね。

 

 これ、監督はスティーヴン・スピルバーグで主演がトム・ハンクスにメリル・ストリープ、ストーリーは1971年、ベトナム戦争時代の機密を暴露したワシントン・ポストのジャーナリストの物語です。

 

 事前の期待は高くてオスカー争いにも加わっている映画ですから評判もいいです。メタクリティック83点、ロットントマトーズ88点。ただですね。

 

 本年度アカデミー賞最有力ではありません!

 

 これ、本当にマジでNGワードにしたいよ。あまりにも事実じゃないことが多すぎるんで。

 

 

 3位初登場は「The Commuter」。これはリーアム・ニーソン主演で、まさに名前の通り通勤者の彼が電車の中で殺害計画に誘われるという内容。本当にこの人、年に1作か2作、必ず誰かんひ追われる役ばかりやってるような気がするんですけど(笑)。

 

 ただ、評判は悪くありません。メタクリ、ロットンともに56点。助演がヴェラ・ファーミガと言うのが僕的には注目です。

 

 7位初登場は「パディントン2」。イギリス発の大人気くまさんコメディ。これ、1作目、うちの子供も大ファンで、一家で楽しみにしてるとこです。

 

 これ、今年のオスカーに主演女優賞でノミネートのサリー・ホーキンスがパディントンの居候先のママなんですよね。パパが「ダウントン・アビー」の主役のヒュー・ボネヴィルで。その他、イギリスの名だたる名優が集まっているんですが、くまさんを中心としたほのぼの爆笑コメディなのがいいのです(笑)!

 

 そして評判がすごいんですよ、これ。メタクリティックで89点、そしてロットントマトーズでは現状で100点!日本では来週公開なのでぜひ楽しんでください。ブラジルはその2週後です。

 

 そして8位はタラジPヘンソンによるアクション・ヒロイン・ムーヴィー「Proud Mary」。これ、面白そうだなと思っていたんですが、評判は良くありません。メタクリティックで35点、ロットントマトーズで26点。ただ、ロットンの観客スコアは61点でしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 10:03
comments(0), trackbacks(0), - -
ノミネート10日前のオスカー戦況

どうも。

 

 

では、先週も予告しておきました、ゴールデン・グローブ、クリティック・チョイス・アワードを受けた後でのオスカーレースの近況を語っておくことにしましょう。

 

 

こんな感じです!

 

 

 実はこないだ言った「4強」の状態はさほど変わっていません。ですが、少し動きが出てきました。

 

 

 有力だと僕が思うのは「シェイプ・オブ・ウォーター」(左上)ですね。ゴールデン・グローブで監督賞、そしてクリティック・チョイス・アワードで作品賞と監督賞をWで受賞しました。この映画の場合、技術部門を含んで最多ノミネート候補なので、その分、目立つし有利なんですけど目。

 

 

 そうでなければ、「スリー・ビルボード」(左下)でしょう。ゴールデン・グローブでは、「レイプされ殺された娘のために立ち上がる母親」と言う、今年のセクハラへのプロテストと言うテーマへの合致生から独占してましたけどね。あと、演技部門の評判が良いのでSAGアワードでも有利です。

 

 

 それでも可能性があるのが「レディ・バード」(右上)でしょうね。12月からのアメリカ国内での批評家賞の受賞実績はこれが一番あるんですが、ただ、ゴールデン・グローブのコメディ部問こそ取ったものの、イギリスのBAFTAアワーズでは監督賞のノミネートから外れるなど、ちょっと不安定な要素が見えます。

 

 

 そして苦しくなってきたのが「ゲット・アウト」ですね。12月までの批評家賞の実績は1位だったものの、1月に入って勢いが落ちて、GGでは無冠、CCでも脚本賞のみの受賞だったところに、BAFTAの監督賞ノミネートが外れた状況があります。

 

 

 来週末に3大ギルド・アワードの授賞式が始まるんですが、その結果次第でしょうね。「ゲット・アウト」は少なくともプロデューサーズ・ギルド・アワード(PGA)は取りたいとこですけどね。ただでさえSAGが「スリー・ビルボード」。DGAが「シェイプ・オブ・ウォーター」が確実と見られていますからね。

 

 

 監督賞はDGAではこの4つにクリストファー・ノーランが「ダンケルク」で加わった感じですけど、これまでの前哨戦の結果から考えて彼の逆転受賞はほとんどないでしょうね。

 

 

 主演男優賞は

 

 

ゲイリー・オールドマンの「ウィンストン・チャーチル」が逃げ切りの様相が濃くなってきましたね。「君の名前で僕を呼んで」の美青年ティモテ・シャラメ君との差がちょっと開いてきました。そして、セクハラ疑惑でジェイムス・フランコのノミネートが五分五分になってきたのが個人的には非情に残念です。ノミネートくらいはいいんじゃないかと僕は思うんですけどねえ。

 

 

 

そして主演女優は稀に見る豊作。「スリー・ビルボード」のフランシス・マクドーマント、「シェイプ・オブ・ウォーター」のサリー・ホーキンス、「レディ・バード」のシアーシャ・ローナン、そして「I Tonya」のマーゴット・ロビー。1年に集中したのが非常に惜しいですが、フランシス・マクドーマントの「ファーゴ」以来の受賞が有力視されていますね。

 

 

 

そして助演男優賞は「スリー・ビルボード」のサム・ロックウェルで固まってきました。当初「Florida Project」のウィレム・デフォーでしたが、配給先の押しが「レディ・バード」に固まったことで「Florida」の勢いが急落したのが原因でしょうね。

 

 

 

そして助演女優賞は接戦です。12月までは「レディ・バード」のローレン・メトカルフが優勢でしたが、年が明けて「I Tonya」のアリソン・ジャニーが逆転しそうになってます。どっちともお母さん役、というか、三番手につけてる「ビッグ・シック」のホリー・ハンターまでお母さん役という、稀に見る「ママ・イヤー」になってますけどね、この部門。

 

 個人的には予てから好きな女優さんでもあるアリソン・ジャニーにとってほしいんですけどねえ。

 

 

author:沢田太陽, category:オスカー, 13:58
comments(0), trackbacks(0), - -